*

カキモリスキン!?は究極ノート#おとなの文具

公開日: : 最終更新日:2014/11/24 大人の一品, 手帳術, 文具

東京にある文具の有名店「カキモリ」

文具ファンの間では、自分で作るノートブックとして評判なお店。

wR0014070

個人店舗のため、東京以外に店舗がなくて、名前は知っていてもお店をみることも、買うことができませんでしたが、先日大阪梅田の阪急百貨店9階イベントスペースで開催された「文具博覧会」で出店されて、いままで行くことができなかった、おおぜいの関西文具ファンでにぎわいました。

カキモリの特徴は、表紙・(中紙)中のページ・裏表紙を自由に選んで、その場で一冊のノートに仕上げてくれる、まさに世界に1冊のオリジナルノートを作ってもらうことができます。

組み合わせによって価格は変動をしますが、おおむね¥2000〜3000−前後。

僕が今回オーダーしたノートを、一例として紹介しましょう。

wR0014065

*カキモリスキン?デザイン(笑)

表紙は黒革

中紙は罫線(ルールド・ドット・無地ほか)

wR0014067

裏表紙 厚紙(革も可)

リングも上下のみ、このように上からしたまで全部リングにできます。強度的には全部リングが理想です。

今回は、第1冊目なので、中紙の用紙は数種類入れてみました。

今回、カキモリオリジナル万年筆インクも数色販売されていたので、この色をチョイス!

チョコレート

チョコレート

インク容量は33mlと市販の瓶入りインクに比べて少量なので、携帯にとはいいませんが、いろんなインクと試してみる事ができそうです。

オリジナルインクは12色各¥850-(4月1日以降は消費税変更のため価格改定があるかもしれません)

カキモリHPはコチラ

まとめ

・手帳大好きの人たちに、市販の手帳のつぎにくるのは、マイオリジナル手帳。

・装丁や中の紙をセミオーダーで自由に組み替えることができるのは、ある意味理想の到着点。

・紙の次はインクとくれば、こちらのお店は上級ノート使いの夢のお店といえるのでは?

・東京へ行く機会があれば、ぜひ目的のひとつに加えてほしい1店です。


関連記事

無印良品84円ノートではじめる、簡単ライフログノートの作り方[文具]

格安ノートではじめる、簡単ライフログノートの作り方 この記事が本になりました! 2018年2月2

記事を読む

先生にオススメ!神戸インク物語「元町ルージュ」人気の秘密?

神戸インク物語 は、ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク。 このラインナップの#20

記事を読む

フリクションスタンプ大人も子供もよろこぶ10の理由・摩磨擦[文具]

消せるボールペン「フリクションボール」シリーズから、消せるスタンプ「フリクションスタンプ」が登場

記事を読む

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

トレ二アートに見る鉄子と文具の素敵な関係[文具][和紙膠帶]

トレ二アートに見る鉄子と文具の素敵な関係 トレ二アート 「TRAINIART」は、TRAINとA

記事を読む

トラベラーズノートミニ10周年記念缶発売!最速レビュー![文具]

TRAVELER'S NOTE ミニ10周年記念缶 トラベラーズノートが発売されてから10

記事を読む

きょうの万年筆 スーベレーン600ピンク[文具]

ペリカン スーベレーン600ピンク スーベレーン600ピンクは、ペリカン2015年秋の限定万年筆。

記事を読む

ハリマウス? #大人文具

ハリマウス?という文具がある。 針マウス?って、ホッチキスかなにかと、おもったらいわゆ

記事を読む

リフィルアダプター PF-01 フリクションボール+ジェットストリームで最強タッグ誕生![文具]

リフィルアダプターシリーズ第3弾 PF-01はフリクションボール3・フリクションボール4(数字

記事を読む

ナガサワ文具センター万年筆フェスタ2015レポート[文具]

ナガサワ文具センター万年筆フェスタ2015 今年も2015年6月27〜28日に大阪梅田茶屋町店で雑誌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑