*

パーカー万年筆 ディオフォールドジャイアント125th。1本400万円の万年筆は筆記用具?[文具]

公開日: : 万年筆, 大人の一品, 文具

パーカーディオフォールドジャイアント125th LimtedEdition

世界的に有名、そして文具にまったく詳しくも興味もないひとでも名前くらいは知っているイギリスのブランド。
IMG_6078

パーカー万年筆(筆記具)のシリーズのなかでも人気が高い「デュオフォールド」
2013年パーカーは創業125周年を迎え、記念として超豪華な・・・いや超豪華なという言葉さえ陳腐に聞こえるほどの万年筆を発売しました。

そんな万年筆が期間限定で展示されていると聞いたので、研究的対象もしくは知的好奇心からこれはぜひ拝見したい!・・・有り体にいえば野次馬w
という事で見学。
さすがに手にとることはしませんでしたが(そりゃ怖い)写真を撮影する事だけはお許しを得たので、ここの紹介します。
IMG_6093

特徴

  • パーカー125周年
  • 古き伝統の再現
  • 散りばめられたダイヤモンド
  • 世界で125本
  • 驚きのお値段

この記念モデル、1990年のはじめの頃最高と謳われた「ブラックジャイアント」を彷彿させるビッグサイズ万年筆。
なかでも人気なディオフォールドのデザインをベースに、パーカー万年筆の代名詞「シズレパターン」(格子模様)を今風に再現した幾何学模様をボディに描いています。
なんといっても、目を見張るのはボディとキャップにそれぞれ8個、合計16個のダイヤモンドが職人の手でひとつひとつ埋め込まれた筐体。
全世界で125本(日本国内は10本だけ)、パーカー125周年の歴史を飾るにふさわしい最高級の1本です。
お値段も・・¥4000000-(税別)

データ

本体材質 ボディ、天冠、天冠リング部、キャップリング部:18金
ボディの作り:ブラックの樹脂に、シズレパターンの18金のケースを被せています。
ダイヤモンド:0.56 カラット(16×0.035 カラット)※キャップに8個、ボディに8個、計16個
クリップ:23.3金ゴールドプレート仕上げ
ペン先素材 18金ロジウムプレート(ジャイアントサイズ)
字幅 M(中字)
機構 カートリッジ、コンバーター両用式
サイズ 全長:163mm(キャップを閉じた状態)
軸径:23mm
重さ:90g

文字と上記写真だけではわかりにくいので、パーカーさんのサイトからスクリーンショットを借用

解説

解説

パーカー公式サイトはコチラ

価格¥4,000,000-

IMG_6080

試しに「400万で買える」をキーワードを使ってインターネットで検索すると、出てくるのは「車」
しかも乗用車ではなくスポーツカーのカテゴリー。

トヨタならマークX250のG’sバージョン

・2500cc FR V型6気筒NA 6AT 203ps 7.53kg/ps
・369万2572円

ちなみに豪華客船クイーンエリザベス号で世界一周すると?

夢の豪華客船クイーンエリザベス号豪華クルーズプランから
・サンフランシスコ→サウサンプトン83泊85日(全食事付き)
・プリンセススイーツ(バルコニー付バスタブあり・部屋約31m2)
・¥4,220,000-

これらが、万年筆1本のお値段と同じというのはいやはや・・・

もはや万年筆ではない!?

お断りしておきますが、上記のデータで書いたとおりペン先は18金で字幅は中字(M)なので、ちゃんと筆記もできます。
なので、やはり筆記具です。
16個のダイヤモンドを装飾に施したペンをジャケットの内ポケットにいれて、大阪環状線(地下鉄御堂筋線でもいいけど)のラッシュ時に乗るイメージは想像できません。
これが、JR中央線だろうが小田急線だろうが同じで、さまになるとしたらエアフォースワンの機内でプレジデントが書類にサインする姿?
となる、外出先でつかうペンと言えないし・・・
となると、万年筆愛好家のコレクションアイテムということか?
ともあれ、買わないまでも(買えない)あれこれイメージしてみると結構楽しい(笑)

足が地面につかないまとめ

万年筆の値段も10万円を超えるとコストパフォーマンは著しく低下、価格に反比例する。
国産であれば2〜3万円の万年筆を買えば生涯供にする事ができるのに・・・
ここまでくれば、モネ「睡蓮」やヴァンゴッホの「ひまわり」、北小路魯山人の作品と同じ「美術品」の域の代物なんでしょう。
もし購入をご検討方がいらしゃれば、本気で購入を希望される方には「試し書き」をさせてくれます!のでご興味がある方は一度ぜひ。
庶民の感覚は、このパーカーディオフォールドジャイアント125th LimtedEditionの消費税だけで、パイロット万年筆「KAKUNO」が320本買えるという現実だけ(笑)

2015年10月まで大阪梅田ナガサワ文具センター梅田茶屋町店にて展示中です。
ただし展示されているのは、精巧に作られたレプリカで本物は地下シュルター(推定)の金庫に納められている・・・らしい?
レプリカとはいえ、ちゃんと筆記できるそうで、これだけでもかなりの価値がありそうです。
但し)冷やかしお断りw・見学は自由

ナガサワ文具センター梅田茶屋町店

住所: 〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町7−20 チャスカ茶屋町2階
電話:06-6292-7660
営業時間 10:00〜22:00
[mappress mapid=”38″]


関連記事

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ 神戸の文具販売の老舗「ナガサワ文具センター

記事を読む

TWSBI ecoに日本限定カラーサンセットオレンジが登場![レビュー]

TWSBIからはじめての日本限定カラーサンシャインオレンジが発売 TWSBIってなに? 20

記事を読む

フリクションスタンプ大人も子供もよろこぶ10の理由・摩磨擦[文具]

消せるボールペン「フリクションボール」シリーズから、消せるスタンプ「フリクションスタンプ」が登場

記事を読む

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON 第二部インクトレード会で万年筆の新しい楽しみ方を見た。[文具]

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON インクトレード会 代官山蔦屋書店 文具イベン

記事を読む

no image

0.2mmの芯はホントに折れんず?#大人の文具

ぺんてる「ORENZ(オレンズ)」0.2mmのシャープペンシル登場! シャープペンシル

記事を読む

晴れた日は、カメラ片手にコーヒーを飲もう。Nikonレンズタンブラー#大人の一品

Nikonレンズ型タンブラー 知人のSNSで知った,Nikon AF-S NIKKOR 23-

記事を読む

誰も教えてくれない、手帳選びの見えない壁 〜手帳100冊!書き比べ総選挙でお悩み解決〜[手帳術]

手帳選びの見えない壁 来年の手帖はどうしよう?[/caption] その年の手帳を選ぶとい

記事を読む

万年筆インクノートのススメ![文具]

万年筆インクが百花繚乱 万年筆のインクって「ブラック」「ブルーブラック」「ブルー」くらいだ

記事を読む

ハイエースネオ クリア万年筆・透けてみるボディはこんなに便利!?[文具]

セーラー万年筆からハイエースネオクリア登場 セーラー万年筆からスケルトンボディで、しかも本

記事を読む

映画のなかの万年筆「王妃の館」[文具]

映画のなかの万年筆「王妃の館」 映画「王妃の館」[/caption] 17世紀フランス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2.0mm芯ホルダーで楽しむ筆記スタイルの世界[文具]

2.0mm芯ホルダーで新しい鉛筆ライフを楽しむ 芯ホルダーという

現代のシステム手帳についての考察[コラム]

21世紀型のシステム手帳について考える システム手帳が登場したの

旅行のお供に必帯!クリアフォルダーを連れていって![旅文具]

旅のお供に心強い味方、リーズナブルだけど最強の旅文具  ボクは、

CARN d’ACHEフィックスペンシルを愛用するユーザーにオススメしたい、2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けるOHTO芯ケース[文具]

2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けたいひとにオススメしたいOHTO2

スマートに持ち歩けるペンケース、PLOTTERメッシュケースSLIM[文具]

PLOTTERメッシュケースSLIMがあればスマートでエレガントな?ペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑