*

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・泊まる編[旅]

公開日: : 国内, 旅行

小豆島の泊まり方

今回の宿は?
リゾートホテル オリビアン小豆島
島の北側に位置して、寒霞渓へのアクセスにもとても便利な立地。

リゾートオリビアンホテル

リゾートオリビアンホテル

当日は午前中が雨だったので、観光はほどほどにして14:30にチェックイン。
さっそく大浴場でひとっ風呂浴びて、ちょっと眠ろうかとおもったけど、意外に眠られずホテル内を散策。

フロント

ゆったり空間のフロント

ゆったり空間のフロント

ラウンジ

ラウンジ


ここでウエルカムドリンクをいただく。

窓際 オーシャンビュー

窓際 オーシャンビュー

このホテルの一番のうりは?

日本夕陽百景のひとつに選ばれた、客室からの夕陽の眺め。

夕景

夕景

日が沈むにつれ、刻一刻と空の色が変化していくさまは、やはり自然の作り出す美しさ。

夕景

夕景

食事

夕食はレストランでビュッフェスタイル、時間は18:30・19:00・19:30の3回から選ぶことができる、もちろんレストランの窓からもこの夕陽をながめる事ができるので、日没の時間をしらべておいてから、食事の時間を選択するのもいい。

食事チケット(時間指定)

食事チケット(時間指定)

基本はすべてビュッフェスタイルなので、自分が食べたいものを自由にチョイスする事ができる。

瀬戸内だけに魚も新鮮、お刺身も寿しも楽しめて、もちろん肉料理も!

ビュッフェスタイル

ビュッフェスタイル

寿司
susi-

さすがうどん県!さぬきうどんは外せない。
オリンピアンホテル夕食07

さらに今回は別メニューで「オリーブ牛ステーキ」を注文。
前回記事で紹介したとおり、オリーブの実を飼料に加工して与えた牛のステーキ。
肉が軟らかく、脂身が少ないの特徴。とにかく口のなかでとろけそうな舌触りでした。

オリーブ牛のステーキ

オリーブ牛のステーキ

サラダ

サラダには・・・

サラダには・・・

サラダにはドレッシングですが、ここではぜひオリーブオイルをかけて召し上がっていただきたい。
オリーブオイルの香りと野菜ががみごとに合うのでせひオススメ!

女性にうれしいスーツも充実

デザート2

スイーツ

温泉

地下1階にある温泉の露天風呂もオーシャンビュー。こちらからも瀬戸内海に沈む夕陽を楽しむ事ができます。

ホテルの総括

ホテルとして部屋も広く、オーシャンビューの客室はとてもいい景観と静かさでくつろぐ事ができます。
食事のメニューも目が飽きないほど豊富。
朝食も同様にビュッフェスタイル、どちらかというと和食の方が美味しかった。
残念なのはコーヒーの味がいまひとつ、夕食時と朝食時では味がちがった?(朝の方が美味しかった)
じゃらんのホテル格付けでは「ハイクラス」今回1泊2食でひとり約20000円。
決して高い値段ではないけど、「ハイクラス」「リゾートホテル」なら、あのゲームコーナーはなくてもいいじゃないかな?
とはいえ、夜もぐっすり休む事ができて、とてもよい休暇をすごす事ができました。

その他の宿情報

観光・宿なら「小豆島旅ナビ」
小豆島旅ナビサイトで紹介されているのは、ホテル・民宿・ユースホステルなど49の宿泊施設
それぞれ予算やロケーションに応じて選ぶ事ができるので、参考にして欲しい便利なサイト。
小豆島旅ナビ

ボクが初めて小豆島に訪れた時に泊まった宿は「小豆島オリーブユースホステル」
当時まだ10代のころ自転車で来たときはこちらに宿泊。それほどお金もなかったので、会員制でとてもリーズナブルな宿として全国に500箇所以上あった宿泊施設。
部屋はドミトリー・男女別相部屋というゲストハウスのようのスタイル。
1泊2食で当時¥3000-から¥3500-程度だったと記憶している。
今回は利用しなかったけど、今でもあるようで島の南側、海岸線で海をながめることができるロケーション。
調べてみると1泊1食で¥5550-で利用できるみたい。
リーズナブルな旅を楽しみたい方はこちらもオススメです。

まとめ

車で移動すれば、1日で主な観光地は見て回ることはできるかもしれないけれど、やはり島で1泊して観光を楽しんでほしい。
このオリビアンホテルでなくても、夕景を楽しめる場所はあるはずなので、ぜひとも瀬戸内海に沈む夕日と、美味しい海の幸にうどんや素麺も味わってもらいたい。
また島内にはオリーブオイルを扱うお店も多く、エクストラバージンオイル(高いけど)はお土産に最適。
高いものからリーズナブルなものまで、いろいろあるのが小豆島の楽しいところです。

おまけ
小豆島・坂井港夜便(17:00頃の便)に乗船すると、日没後19:00前後に明石海峡大橋の下をくぐるのでこれはぜひお見逃しなく。
明石海峡大橋
そして神戸港入港時も海からの神戸を眺めを楽しめます。

神戸夜景

神戸夜景

リゾートオリビアンホテル小豆島公式サイトはコチラ

リゾートホテルオリビアン小豆島
住所 香川県小豆郡土庄町屋形崎甲63-1
電話 0879-65-2311

[mappress mapid=”29″]


関連記事

Bar?図書館?巷で話題の森の図書室

森の図書室   今年7月にグランドオープンした、謎に満ちあふれた図書空間。

記事を読む

上田 刀屋でオススメしたい真田そば[旅]

上田 刀屋でオススメしたい真田そば 2017年長野県上田市はNHK大河ドラマ「真田丸」人気

記事を読む

旅ログノートのススメ〜きょうから出来るライフログ入門〜 [講演]

旅ログノートのススメmini講演 11月30日大阪梅田CafeTIPO8さんをお借りして、

記事を読む

旅が3倍楽しくなる、文具モジュールの3つの効果!

最近は、街のカフェでノートを広げてカラフルなペンで日記を書きながら、ほんとに楽しそうに、シールやマス

記事を読む

大人の湯治 酸ヶ湯温泉編

湯治という言葉を聞いて、ぱっとイメージできる人は、どのくらいいるのかな? 僕の数多い旅仲間でも

記事を読む

高度33000フィートから「いいね!」をクリック!

飛行機の中から「いいね」をクリック 2014年9月1日から、航空機機内における電子機器の使

記事を読む

門司港ホテルでいつもと違う贅沢な時間をすごす北九州の旅[旅]

門司港ホテルは旅の疲れを癒やす快適な宿 門司港ホテル JR門司港駅から徒歩3分、門司港レ

記事を読む

京都河原町に丸善書店復活!「檸檬」の本屋が京都へ帰ってきた。[旅]

丸善 京都本店が10年振りに復活 株式会社丸善ジュンク堂書店は京都地区最大級のカフェ併設書

記事を読む

信州上田ボクが30年通っている老舗の蕎麦屋「刀屋」

信州上田・刀屋 年に一度は訪れる信州上田、そのお目当てはココ、上田で知らない人はいないという、お蕎

記事を読む

第3回台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具[レポート]

台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具 2018年9月東京ではじめてインタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

近鉄電車の新しい観光特急あをによし乗車記[旅]

観光特急「あをによし」で大阪・奈良・京都を駆け抜ける三都物語な列車旅

奈良へきたならカレーの田川2022年改装オープン編[奈良]

奈良へきたならカレーの田川・2022年3月リニューアルオープン

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

サライの檸檬万年筆と梶井基次郎[文具]

雑誌サライ付録の檸檬万年筆と梶井基次郎 月刊雑誌「サライ(小

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑