*

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクションインク[万年筆インク]

公開日: : 万年筆インク, 小道具, 文具

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクション

wIMG_0551

万年筆インクのカラーバリエーションについては何度か記事をかいてきた。
PILOT色彩雫は24色、ナガサワ文具センター神戸インク物語は50色(限定色を除く)と、これだけでも一生かけてもすべて試せないと思っていたところに、さらに上をゆくインクがあると聞いて、2014年秋から取り扱いをはじめたナガサワ文具センターへ足を運んでみた。

DAIAMIN

Daiaminはイギリスの歴史あるインクメーカーで、没食子(もっしょくし)インクを今も発売するメーカーとして、万年筆ファンの間では有名なメーカー。
没食子インクとは
耐久性・耐水性にすぐれたインクで、かつては署名や記録用インクとして広く一般に使われたいたらしいのですが、万年筆の普及により没食子インクの難点酸性度が高い事が災いして、万年筆を壊す結果になったため、現在はほとんど流通しなくなったという背景があります。
つけペンやガラスペンで使うなら、うってつけなんですけどね。

そのダイアミンから100色のカラーバリエーションを誇るラインナップが日本でも(関西)で購入できることになりました。
100色を店頭に出すことはできないので(っていうか日本と違ってパッケージはすべて同じ)店頭に商品名(色)と色見本のファイルが置いてあって、それでインクを選ぶ事ができます。

ダイアミンカラー見本

ダイアミンカラー見本

これで全100色を紹介したら、だれも読んでくれないと思うので、新色を紹介しましょう。

wIMG_0553
ダイアミン150年記念として8色を発表。
定番は丸いボトルですが、今回8色の新色はボトルがショートケーキのようなデザインで、8色揃うと丸いホールケーキのできあがり!?

wIMG_0550

 

今回の150thアニバーサリーコレクションの8色のラインナップ

  • D701 BlueVelvet
  • D702 1864BlueBlack
  • D703 Safari
  • D704 Terracotta
  • D705 Carnival
  • D706 SilverFox
  • D707 TropicalGreen
  • D708 RegencyBlue

色見本は店頭のカードから

 

  1. D701 BlueVelvetwIMG_0563
  2. D702 1864BlueBlackwIMG_0562
  3. D703 SafariwIMG_0561
  4. D704 TerracottawIMG_0560
  5. D705 CarnivalwIMG_0559
  6. D706 SilverFoxwIMG_0558
  7. D707 TropicalGreenwIMG_0557
  8. D708 RegencyBluewIMG_0556

 

日本のインクとはまた違った趣があって使ってみたくなるインクバリエーションです。

インク沼にはまったすべての住人に・・・

まとめ

実はボク自身、ダイアミンというメーカーは雑誌のなかでしか聞いた事のないブランドで、日本で売られているなんて知りませんでした、偉そうなことは言えませんが、ボトルのデザインやネーミングにも惹かれてしまいます。

アニバーサリーコレクションは没食子インクではないので、気軽に普段の筆記に使えるインクとして申し分なさそうです。

日本のインクもとても良いものがあるのですが、デザインに関してはヨーロッパのブランドはさすがと思わせるモノがあります。

物欲に負けるようで悔しいのですが、デザイン買いしそうになるボトルデザインに脱帽です(笑)

あとがき
ダイアミンの取り扱い店舗を調べて見ましたが、見つけきれませんでした。
関西ではナガサワ文具センターさんが取り扱いをはじめてという事で見学に行き、撮影の許可をいただいた上でここに掲載させていただきます。

 

ボク自身が確認した店舗は下記の通り

  • ナガサワ文具センターStiyleDen (神戸三ノ宮)
  • ナガサワ文具センター煉瓦倉庫店 (神戸ハーバーランド)
  • ナガサワ文具センター梅田茶屋町店(大阪梅田)

 


関連記事

G-FREEで書きごこち新体験[文具]

G-FREE G-FREEはセーラー万年筆が2014年12月に、発売した新体験?ボールペン

記事を読む

年賀状を万年筆で書いてみよう。

今年も年賀状の季節が来ました。 版画やプリントごっこの時代もありましたが、パソコンの普及に伴い

記事を読む

カキモリスキン!?は究極ノート#おとなの文具

東京にある文具の有名店「カキモリ」 文具ファンの間では、自分で作るノートブックとして評判なお店

記事を読む

100円均一で作るマスキングテープカッター #おとなの文具

おじさんのためのマスキングテープ活用術 デスクワークをしていると、意外とマスキングテープを使う

記事を読む

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ 神戸の文具販売の老舗「ナガサワ文具センター

記事を読む

Marks IDEA NOTEBOOK EDiTは右脳人間にひらめきを授ける?[文具]

Marks IDEA NOTEBOOK EDiT(マークス アイデア ノートブック エディット)

記事を読む

神戸旧居留地フェスティバル2015は文具の香り[旅・文具]

神戸旧居留地フェスティバルは文具の香り 神戸旧居留地に、海と山のKOBE色にビルが染まり、

記事を読む

カランダッシュでジェットストリーム?新リフィルアダプターが登場[文具]

カランダッシュでジェットストリームが使えるリフィルアダプターが新登場! CARN d’ACHE

記事を読む

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

マスキングテープ大好きさんに送る、スマートなマステ携帯術。紙膠帶 [文具]

スマートマステ携帯術 僕のまわりのも「文具大好き!」という人たちがたくさんいます。 なかでも最

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2.0mm芯ホルダーで楽しむ筆記スタイルの世界[文具]

2.0mm芯ホルダーで新しい鉛筆ライフを楽しむ 芯ホルダーという

現代のシステム手帳についての考察[コラム]

21世紀型のシステム手帳について考える システム手帳が登場したの

旅行のお供に必帯!クリアフォルダーを連れていって![旅文具]

旅のお供に心強い味方、リーズナブルだけど最強の旅文具  ボクは、

CARN d’ACHEフィックスペンシルを愛用するユーザーにオススメしたい、2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けるOHTO芯ケース[文具]

2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けたいひとにオススメしたいOHTO2

スマートに持ち歩けるペンケース、PLOTTERメッシュケースSLIM[文具]

PLOTTERメッシュケースSLIMがあればスマートでエレガントな?ペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑