*

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクションインク[万年筆インク]

公開日: : 万年筆インク, 小道具, 文具

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクション

wIMG_0551

万年筆インクのカラーバリエーションについては何度か記事をかいてきた。
PILOT色彩雫は24色、ナガサワ文具センター神戸インク物語は50色(限定色を除く)と、これだけでも一生かけてもすべて試せないと思っていたところに、さらに上をゆくインクがあると聞いて、2014年秋から取り扱いをはじめたナガサワ文具センターへ足を運んでみた。

DAIAMIN

Daiaminはイギリスの歴史あるインクメーカーで、没食子(もっしょくし)インクを今も発売するメーカーとして、万年筆ファンの間では有名なメーカー。
没食子インクとは
耐久性・耐水性にすぐれたインクで、かつては署名や記録用インクとして広く一般に使われたいたらしいのですが、万年筆の普及により没食子インクの難点酸性度が高い事が災いして、万年筆を壊す結果になったため、現在はほとんど流通しなくなったという背景があります。
つけペンやガラスペンで使うなら、うってつけなんですけどね。

そのダイアミンから100色のカラーバリエーションを誇るラインナップが日本でも(関西)で購入できることになりました。
100色を店頭に出すことはできないので(っていうか日本と違ってパッケージはすべて同じ)店頭に商品名(色)と色見本のファイルが置いてあって、それでインクを選ぶ事ができます。

ダイアミンカラー見本

ダイアミンカラー見本

これで全100色を紹介したら、だれも読んでくれないと思うので、新色を紹介しましょう。

wIMG_0553
ダイアミン150年記念として8色を発表。
定番は丸いボトルですが、今回8色の新色はボトルがショートケーキのようなデザインで、8色揃うと丸いホールケーキのできあがり!?

wIMG_0550

 

今回の150thアニバーサリーコレクションの8色のラインナップ

  • D701 BlueVelvet
  • D702 1864BlueBlack
  • D703 Safari
  • D704 Terracotta
  • D705 Carnival
  • D706 SilverFox
  • D707 TropicalGreen
  • D708 RegencyBlue

色見本は店頭のカードから

 

  1. D701 BlueVelvetwIMG_0563
  2. D702 1864BlueBlackwIMG_0562
  3. D703 SafariwIMG_0561
  4. D704 TerracottawIMG_0560
  5. D705 CarnivalwIMG_0559
  6. D706 SilverFoxwIMG_0558
  7. D707 TropicalGreenwIMG_0557
  8. D708 RegencyBluewIMG_0556

 

日本のインクとはまた違った趣があって使ってみたくなるインクバリエーションです。

インク沼にはまったすべての住人に・・・

まとめ

実はボク自身、ダイアミンというメーカーは雑誌のなかでしか聞いた事のないブランドで、日本で売られているなんて知りませんでした、偉そうなことは言えませんが、ボトルのデザインやネーミングにも惹かれてしまいます。

アニバーサリーコレクションは没食子インクではないので、気軽に普段の筆記に使えるインクとして申し分なさそうです。

日本のインクもとても良いものがあるのですが、デザインに関してはヨーロッパのブランドはさすがと思わせるモノがあります。

物欲に負けるようで悔しいのですが、デザイン買いしそうになるボトルデザインに脱帽です(笑)

あとがき
ダイアミンの取り扱い店舗を調べて見ましたが、見つけきれませんでした。
関西ではナガサワ文具センターさんが取り扱いをはじめてという事で見学に行き、撮影の許可をいただいた上でここに掲載させていただきます。

 

ボク自身が確認した店舗は下記の通り

  • ナガサワ文具センターStiyleDen (神戸三ノ宮)
  • ナガサワ文具センター煉瓦倉庫店 (神戸ハーバーランド)
  • ナガサワ文具センター梅田茶屋町店(大阪梅田)

 


関連記事

紳士な大人に持ってほしい、3本差しキャップケース

ナガサワ文具センター製 3本差しキャップケース 先日、ある放送作家の方のFacebook

記事を読む

カキモリスキン!?は究極ノート#おとなの文具

東京にある文具の有名店「カキモリ」 文具ファンの間では、自分で作るノートブックとして評判なお店

記事を読む

読書は1枚のカードにまとめなさい?「ワタシ文庫」!#大人の文具

読書は1枚のカードにまとめなさい? 読書管理にもいろいろあって、その筋の専門書籍も本屋さんへ行

記事を読む

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店

記事を読む

先生にオススメ!神戸インク物語「元町ルージュ」人気の秘密?

神戸インク物語 は、ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク。 このラインナップの#20

記事を読む

TSUNAGARU NOTE 〜ツナガルノート〜再生ノートは万能ノート![文具]

TSUNAGARU NOTEBOOKERS たぶん、かなりの文具通のひとでもご存じないノートブック

記事を読む

LAMY pico こんどこそ失わないぞ!3度目の挑戦。[文具]

LAMY picoは携帯性にも優れたおしゃれなボールペン。 3度目の正直ということわざがあ

記事を読む

モレスキン 2015年秋の限定版コレクション発売![文具]

モレスキンから3つの限定版エディションが発売開始! シンプルがゆえに自由度ナンバー1の手帳とし

記事を読む

no image

BOSEが上手に屏風にBOSEの音描く?大人の一品

昨年BOSEは、2大ヒット商品を発売しました。 その一つ、Bluetooth(ブルートゥース)

記事を読む

立つペンケース、ネオクリッツがスリムになって新登場!携帯しやすいフラットモデルは鞄にジャストフィット[文具]

ネオクリッツフラット スリムなペンケースがスタンドに!? ネオクリッツ 立つペンケースと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑