*

9月23日は万年筆の日 万年筆で書こう!

公開日: : Column, 万年筆, 大人文具, 文具

万年筆の日

IMG_8817

西暦1809年9月23日
イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが、金属軸の中にインクを入れて書ける筆記具を考案特許を取った事から、万年筆の日と定められました。

それまでのペンは主に羽根ペンで、書く度にインク瓶からペンにインクをつけて書いていたわけで、金属軸にインクを貯めて長く書き続けられる万年筆は夢のような筆記具だったのでしょう。

万年筆を英訳すると「Fountain Pen」泉のようにインクがわき出す感動の筆記具じゃなかったと想像します。

きょうは万年筆のコラムBlog

万年筆でインクを使う方法には大きく分けて3つ。

  1. 吸引式
  2. コンバーター式
  3. カートリッジ式

1.吸引式

LAMY2000

LAMY2000


吸引タイプとしては、Perikan スーベレンやLAMY2000万年筆が代表。

一度に大量のインクを補充できる事ができて、万年筆本体のみでインク補充が可能。

2.コンバーター式

カートリッジと吸引式のメリット取り入れたタイプ、吸い上げ機能が付いたカートリッジを万年筆本体に取り付け、ねじ式でインクを本体に吸引する事ができる。

3.カートリッジ式

今一般的に普及しているタイプ。インク交換の時に手を汚さずに交換できて、スペアインクを持ち歩くことができて、補完が簡単。

2のコンバーター式と3のカートリッジ式はお互いに互換性があるために、家ではコンバーター、外出するときはカートリッジ式と交換する事ができる。

1の吸引式は、その方法ができないけれど、一度に吸引できるインクはカートリッジより多い(機種にもよりますが)

メンテナンス
メンテナンスという事から、1吸引式と2カートリッジ式はインクを吸い上げる時に、ペン先から主軸の中をクリーニングする役割も果たしてくれます。

カートリッジ式の万年筆でも、インクを交換する時に軽く水洗いをしてあげると、簡単なメンテナンスができます。

普段万年筆を使わない時は、インクを抜いてから水洗い、自然乾燥してからしまって置くことをオススメします。

うっかりインクをいれたまましまってしまい、気がついたら中でインクが固まってしまった時は、ぬるま湯にしばらく浸けておいてインクを溶かしてから、水洗いを繰り返すと復活する場合があります。

それでもダメな時は、お近くの万年筆取り扱い店で相談してみましょう。

以前より書きやすくなって、手元に帰ってくる事もありますよ!

さらに、ちょっと掠れるとか、もう少しインクが滑らかに出て欲しいといった、個人的な要望でも、専門店では見てくれます。

また、百貨店や文具店で、「ペンドクター」「ペンクリニック」といったイベントを開催しています。万年筆の専門家の方が、あなたの万年筆をチェック・わがままを聞いてくれます。(有料・無料のばあいがあります)

「ペンドクター」「ペンクリニック」のキーワードで検索してみましょう。

ペンカタログ

パイロット Kakuno

パイロットのベストセラー万年筆
低価格¥1000-万年筆とすでに50万本以上の売り上げをほこる、¥1000-とは思えない書き心地も人気の理由、初めて万年筆を使ってみたい方にオススメの1本

Kakuno

Kakuno

ペリカン ツイスト (Plekan Twist)

ドイツの名門ペリカンが2013年に発売した低価格¥1200-万年筆。独特のグリップで左利きの人にも使いやすいと評判。
2014年に、ペリカンインク「エーデルシュタイン」のカートリッジが発売されたけど、ペリカンでカートリッジが使えるのは、Pシリーズ・子供向け万年筆ペリカーノジュニア・Twist・th.INK(シンク)の低価格帯の万年筆となんとももったいない気が・・・。

Pelikan Twist

Pelikan Twist

MontBlack MEISTERSTUCK

モンブラン マイシュターシュテュック モーツアルト
長さ114mmの小さな万年筆、このサイズでもしっかり書ける書き心地はさすがスイスの名門モンブラン。
背広の内ポケットに忍ばせておくと、それだけで大人を演出できます。
お値段も大人価格で¥50000-前後。

モンブラン マイシュターシュテュック

モンブラン マイシュターシュテュック

セーラー万年筆 長原宣義勇退記念 竹塗り

セーラー万年筆 長原宣義勇退記念竹塗り

セーラー万年筆 長原宣義勇退記念竹塗り

日本の万年筆も優秀です、ペン職人の神と謳われた長原宣義さんが考案した「長刀研ぎ」のペン先は、ペン先の書く角度を変えることで、細書きも太書きもでき、止め跳ねを表現できる世界にない万年筆。
手紙や年賀状の宛名書きに使いたい1本。
限定版の為、今手に入れることができればラッキーでしょう。価格¥60000-

まとめ

万年筆の一番のメンテナンスは「書く」事。

これが一番!常にインクがペンの中をながれて、詰まる事が減って、インクが固まることもありません。

とはいえ、ボクもついうっかりが絶えません(笑)

最近はインクを抜いて保管するようにしていますし、インクも本体の半分くらいしか補充しないようにしています。

万年筆が増えると、比例してインクの数(色)も増えてしまい保管場所が必要になってきて、だんだんと部屋が狭くなっています。

万年筆に賞味期限はありませんが、インクは概ね製造から3年、それを過ぎるとだんだんと劣化が始まります。

その両方の面から、万年筆とインクは常に使い続けましょう!

(ほとんどボク自身へのメッセージ)

我が家で遊びに来る友人は、万年筆のインクを空にしてからいらっしゃいます。

帰りにインクを詰めてから帰っていきます。ある意味ありがたいことです(笑)

 

 

 

 


関連記事

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆[文具]

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆 お手軽万年筆 海外ブランド

記事を読む

LAMY safari 初心者にオススメしたい5つの理由

LAMY Safari はドイツブランドの万年筆。 モンブランやパーカー・ペリカンなど万年筆は敷居が

記事を読む

新・超薄い名刺入れカードリッジ”dünn”がちょっとカッコ良すぎる!?[文具]

超薄い名刺入れカードリッジ   2014年に発売されたカードリッジAir&

記事を読む

初心者でも安心・万年筆の簡単メンテナンス[文具]

初心者でも安心・簡単な万年筆メインテナンス。 万年筆のメンテナンス?と聞くとなんだか面倒くさそ

記事を読む

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフィルケース[文具]

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフィル Lead Refill

記事を読む

モレスキン 2015年秋の限定版コレクション発売![文具]

モレスキンから3つの限定版エディションが発売開始! シンプルがゆえに自由度ナンバー1の手帳とし

記事を読む

JAZZを聴くと劇的に人生がかわる5つの効能。

JAZZのススメ 中年のおっさんがソファに座ってブランデー飲みながら聴く音楽? って、言

記事を読む

万年筆で年賀状を書こう!2016年[文具]

万年筆で年賀状を書こう! 12月末、年末進行で忙しい人もそろそろ年賀状を書かなくては、と気持ち

記事を読む

リフィルアダプター登場!LAMY Safariでジェットストリームが使える?摩訶不思議な リフィルアダプター ってなに!?![文具]

ボールペンリフィルアダプターがリフィルの常識を変える!? 文具ファンの間では、お気に入りのボールペ

記事を読む

万年筆の日 万年筆との出会い方・旅行編[文具]

万年筆の日 旅と万年筆 9月23日は万年筆の日   西暦1809年9月23日、イ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旅に持って行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafを購入した理由[旅ツール]

旅行に連れて行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafが現状ベスト

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

→もっと見る

PAGE TOP ↑