*

旅のお供に絶対便利なコクヨのボビン[文具]

公開日: : マスキングテープ, 文房具, 旅文具


旅のお供に絶対便利なコクヨのボビン

旅行中の車内で出たゴミをスマートに処理するためのマスキングテープ活用術

 スーパーマーケットやコンビニエンスストアで買い物したときにもらえるビニール袋、いわゆる「レジ袋」が有料化になって、利用頻度がかなり減少しました。

車内でいただいたサンドイッチの包装紙はゴミになります。


 でも、旅行へ出ると移動中の車内や出先で、ちょっとした軽食をとった時に出るゴミなどを、まとめる袋が手元にないと不便になるケースがあります。
そんなときに役に立つ文房具が「マスキングテープ」です。

マスキングテープって?

文房具好きのマストアイテム「マスキングテープ」

 今では、すっかり女子向けの文房具として可愛い図柄のものや、オシャレなデザインなものまで、種類は数え切れないほど豊富になり、町の文具店をはじめ100円均一ショップや観光地のお土産物売り場にまで販売店が拡大しています。
もちろん、女子ウケするような可愛いマスキングテープだけではなく、おじさんでも実用性(おじさんが使っても恥ずかしくない)の高いシンプルでカッコイイデザインのものもあるので、女子文具と決めつけずに大の大人もドンドン使いましょう。

旅の相棒に活躍してくるマスキングテープ

 たとえば、コンビニエンスストアで購入したサンドイッチや菓子パンのビニール袋なんかは、たたんでマスキングテープで止める事で、かさばらずに持ち運ぶ事ができて、列車から降りた際、駅内のゴミ箱にぽいできます。
捨てるときだけではなく、お菓子なども開け口をマスキングテープで仮止めするにも役に立つので、最近出かける時には必ず、ポケットから鞄にひとつ入れて持ち歩くようになりました。

さらにマスキングテープが携帯しやすくなるコクヨボビン

市販のマスキングテープをそのまま持ち運ぶには大きすぎる?


 旅との途中で出たゴミをレジ袋を使わずにまとめるのには、マスキングテープがとても便利と書きましたが、市販のマスキングテープではややかさばってしまい、持ち歩くには邪魔になるという方がいるかもしれません、そんな時にはコクヨから発売されていう「ボビン」が便利です。
「ボビン」はマスキングテープを小巻にするためのツールで、小さくして持ち歩くという機能の他に、中まで同士でシェアするためのツールというコンセプトに誕生しました。
パッケージには、市販されている標準的なサイズのマスキングテープ(口径18mm〜40mm/幅15mm)を挟むハンドル付きの本体(コマキキ)と小巻にするための「ボビン芯」が付属しています。
マスキングテープをボビン芯に繋いで、あとはハンドルをくるくるさせるだけで、簡単にそしてきれいに、お気に入りの小巻マスキングテープ(ボビンテープ)が完成します。
これらがセットになったパッケージにほかに、オプションでカッターや予備のボビン芯も販売されているので、使い込んでいくと世界はさらに広がります。

・コマキキ


ボビンの本体で、市販されているマスキングテープをコンパクトにするための母艦的な存在です。

・カッター付きケース


オプションのカッター付きケースは、ボビンテープを丸ごと収納してテープを自動で送りだし、カットができる優れもので鞄やポーチに余裕があるならこのタイプがオススメです。

・プチカッター


ボビンテープにカッターユニットを取り付けるだけのとてもシンプルな構造ですが、コレのサイズでもなかなか実用的です。

・ボビンテープ


ボビンテープはシンプルにコマキキでつくった基本形です。
マスキングテープは手でカットすることができるという和紙髪の利点を活かして、このままジーズンのポケットに入れて持ち歩くミニマムなスタイルを好む方に向きます。
ボクは旅行の際、このスタイルで持ち歩きます。

ボビンなまとめ

 コクヨの「ボビン」が発売される以前から、マスキングテープ愛好家は様々な方法で、マスキングテープを持ち歩くための工夫をしてきました。

かつて、ユーザーが工夫してマスキングテープを携帯する方法を模索していました。


旅行ライターでもある私も、旅先で役に立つツールとしてマスキングテープの活用術を記事にしてきましたが、手軽にきれいに作れる「ボビン」はひとつの完成型だと感じています。
文房具のイベントでたくさんのマスキングテープを購入することを思えば決して高くはない価格なので、文具女子も文具男子も、そして旅好きな方にぜひオススメしたいアイテムです。

コクヨ「ボビン」公式サイト

https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/bobbin/maker.html

Amazon コクヨボビン


関連記事

カッコイイだけじゃない!?エコな時代に対応した三菱鉛筆のuniシャープ替芯メタルケース[文具]

カッコイイだけじゃない!?大人が惚れる三菱鉛筆のuni〔ユニ)シャープ替芯メタルケースの魅力

記事を読む

LIHIT LAB×無印良品 最強タッグで旅をより便利にするメモをつくる[文具バリスタ]

LIHIT LAB×無印良品 ツイストメモとポケットシールカードサイズのタッグがあたなの旅をより便利

記事を読む

旅に持って行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafを購入した理由[旅ツール]

旅行に連れて行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafが現状ベストな理由  書籍不況、

記事を読む

PILOT KAKUNOがさらに使いやすくなる!?UNUSのスマートクリップ[レビュー]

スマートクリップで1000円万年筆カクノがさらに使いやすくなる PILOT KAKUNO

記事を読む

ペリカン万年筆 スーベレーンMシリーズまとめて試し書き[文具]

ペリカン万年筆 スーベレーンまとめて試し書き体験記 ペリカン万年筆 モンブランと並んで日本で

記事を読む

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオープン! 神戸三宮に本店があ

記事を読む

鬼太郎本舗のデニムポーチがバッグインバッグに最適[文具]

山陰旅行で買って帰った鬼太郎本舗のデニムポーチが、トートバッグにピッタリなバッグインバッグだった。

記事を読む

信州上田ボクが30年通っている老舗の蕎麦屋「刀屋」

信州上田・刀屋 年に一度は訪れる信州上田、そのお目当てはココ、上田で知らない人はいないという、お蕎

記事を読む

大人を楽しむ色えんぴつ三菱鉛筆のEMOTT Pencil [文具」

大人を楽しむ色えんぴつ、三菱EMOTTPencil 万年筆インクのカラーバリエーションが増えて、万

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

梅雨の季節に手紙をしたためたくなる万年筆インク「六甲シチダンカ」[文具]

梅雨の季節によく似合う万年筆インク・六甲シチダンカ ジメジメとシ

買ってよかったポスタルコのスナップパッドSQ A56年目の感想[文具]

ポスタルコのスナップパッドSQ A5 ニューヨーク・ブルックリン

思わず美味しいコーヒーが飲みたくなるTWSBIエコカフェローズゴールド[文具]

手にすると美味しいコーヒーが飲みたくなるTWSBIの新色、カフェローズ

Ankerの新型モバイルバッテリーPowerBunk10000が凄かった[ガジェット]

AnkerPowerBunk10000 Ankerから2024年

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイ[文具]

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイは想像以上

→もっと見る

PAGE TOP ↑