*

旅のお供にゼブラのボールペンライトライトα[旅文具]

公開日: : 最終更新日:2024/04/24 旅する文具, 旅文具

夜行高速バスのお供にゼブラのLightwriteα

夜行高速バスのお供にライトライトα


ゼブラのボールペン「Lightwrite」(以下ライトライト)はペン先に照明(ライト)が搭載された、あまり類を見ない筆記具です。

先日、東京出張の際、朝のラジオ番組のお仕事をいただき、遅刻してはまずいと夜行高速バスという交通手段を選択、若い頃から夜行列車に乗り慣れているボクとしては、多少狭い空間もあまり苦にならず、高速道路を走行する際の振動も列車に比べればむしろ少ないくらいということで、年に数回利用しています。

ゼブラライトライトシリーズ


料金も安い上に、今回の出張のように朝から仕事にかかるといったケースではすこぶる便利な交通手段ですが、夜中にふとアイデアを思いついたり、予定を確認したいときなど、いちいち読書灯に手を伸ばすのも面倒だし、スマホの明るい画面もちょっと気が引けるといった時に、アナログの手帳(メモ)とこのゼブラ株式会社「ライトライト」はメモをしたい場所をピンポイントで照らしてくれる機能と、筆記できる機能を備えたありがたい筆記具です。

二代目ライトライトα

右が二代目


 このライトライトαは、ライトライトシリーズの二代目ライトライトにあたり、初代モデルよりも、じつは明るさがダウン!?
えっ!性能が劣っているの?と思われるかも知れませんが、利便性がアップしています。

消灯後の夜行高速バスの車内


例えば、夜行高速バスや国際線の旅客機など夜の時間にあたる消灯中は可能なかぎり、まわりに迷惑がおよばないようにする必要(というかマナー)があります。

初代モデルのライトライトは「明るすぎた!」んです。
スマートフォンのようにモニター画面から外へ向けて光を放つわけでなく、ピンポイントに手元を照らすだけなので、カーテンで仕切られた空間ならそこまで気を使わなくても思いますが、適度な明るさがあれば、筆記やメモの確認といった作業は、二代目ライトライトαでも十分こなすことができます。

HOW TO/使い方

ゼブラのライトライトシリーズはすべて同じ使い方で、1回ノックをするとボールペン、2回目で一度ボールペンが引っ込み、3度目のノックでボールペンが再び現れてライトがつくという仕組みです。
4度目のノックでボールペンが引っ込み、ライトが消える、以下この繰り返しになります。
購入した製品には電池が内蔵されているので、夜行高速バスに乗車する直前に購入してもほぼ使う事ができますが、あくまで試験用の電池という扱いなのでこれからバリバリ使うぞ!という方は、予備の電池はお忘れなく。

暗いところで書くのに相応しい?0.7mmボールペン>

0.7mmのボールペン


 暗い場所で筆記することを想定しているのか?ボール径は0.7mmと中字から太字に近い、くっきりとした視認性の高い文字が書けます。
アイデアは、企画書のように事細かく書く必要はなく、ざっくりキーワードをあとからしっかり、見てわかればいいので、このくらいの字幅がちょうどいいのかもと思います。
それでも、私はまだ若くて細かい文字でもしっかり見えるのよ!という方は、一度本製品を購入後に、替芯(リフィル)で0.5mmを買ってもらえば使えます。
「ライトライトα」には4Cという規格を採用してしているので、この規格に合うリフィルは他社からも発売されているので、お好みで選んでいただくことが可能です。
但しJIS規格では、若干の誤差も認められていて、メーカーによって口径が若干ことなります。
ここでは詳細を省きますが、他のメーカーのリフィルを使用する際は”自己責任”とう事で。

ライトがつかなくなったら電池交換

 さすがゼブラさん、あたりまえといえばそうなんですが、「ライトライトシリーズ」はちゃんと電池交換ができる仕様になっています。
ちゃらい(笑)オモチャのようなガジェットを購入すると、使い切りで電池や芯が交換できないものもありますが、「ライトライト」は長く使ってもらえるように、市販の(LR626×2個)もしくは(SR626×2個)に対応しています。
このタイプのボタン電池は、コンビニエンスストアや100円均一ショップでも手軽に入手が可能です。
昔、ボタン電池は大きな家電量販店くらいでしか買えなかったのに、便利に世の中になりました。

文具愛好家の考察

 ゼブラ株式会社の「ライトライトα」は、高速夜行バスのお供はもちろんですが、ホテルや旅館など宿泊先のベッドの枕元においておくと、なにか合った時に簡易の懐中電灯としても役立ちます。
普段から懐中電灯を持ち歩く人はあまりいないかもしれませんが、そんな人こそこれ1本あると意外な便利さに気付くかもしれません。
税込1本660円、あるときとないとき差は551の肉まん(CM参照)とはまではいいませんが、重宝する旅文具です。

Amazonサイト

ゼブラライト×ライト


関連記事

鬼太郎本舗のデニムポーチがバッグインバッグに最適[文具]

山陰旅行で買って帰った鬼太郎本舗のデニムポーチが、トートバッグにピッタリなバッグインバッグだった。

記事を読む

信州上田ボクが30年通っている老舗の蕎麦屋「刀屋」

信州上田・刀屋 年に一度は訪れる信州上田、そのお目当てはココ、上田で知らない人はいないという、お蕎

記事を読む

バイブルサイズのシステム手帳を旅行用ウォレットにする[旅文具]

旅の荷物を少なくするシステム手帳ウォレット化計画!? できる限り手荷物を少なくして、身軽な旅を

記事を読む

仏生山温泉・関西から行く18きっぷの旅[旅]

18きっぷでいく高松うどんと温泉の旅 うどん県高松 香川県高松市は、廃藩置県後の明治2

記事を読む

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

旅行に持って行きたい多色ボールペン、パイロットのジュースアップ[旅文具]

ジュースアップが1本あれば、旅行中のメモ記録筆記具として大活躍してくれます  旅行で活躍してく

記事を読む

旅のお供に絶対便利なコクヨのボビン[文具]

旅のお供に絶対便利なコクヨのボビン 旅行中の車内で出たゴミをスマートに処理するためのマス

記事を読む

旅につれて行きたい万年筆とインク[旅文具]

旅の相棒として、連れて行きたい万年筆とインクについての考察   SNSの万年筆好きが集まるコミュ

記事を読む

ゼブラから暗い場所でも筆記ができるライト付きボールペンライトライト?が登場「旅文具」

暗い場所でも楽々筆記が可能なゼブラ Light Write Light(照明)のライトとW

記事を読む

トラベラーズノートとフィルムポケットシール[文具]

トラベラーズノートとフィルムポケットシール トラベラーズノート トラベラーズノートは、2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ankerの新型モバイルバッテリーPowerBunk10000が凄かった[ガジェット]

AnkerPowerBunk10000 Ankerから2024年

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイ[文具]

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイは想像以上

目に優しい用紙NEUEGRAYをロットで買ってみた[文具]

目に優しい用紙NEUEGRAYをロットで買ってみた NEUEGR

5月2日は「えんぴつ記念日」[文具]

ホントに楽しい鉛筆の世界 5月2日は「えんぴつ記念日」 188

ナガサワ文具センターからKAKUNO×NAGASAWA Original Designが発売!「編集後記」

ナガサワ文具センターから神戸をデザインしたKAKUNO×NAGASAW

→もっと見る

PAGE TOP ↑