*

JAZZを聴くと劇的に人生がかわる5つの効能。

公開日: : 最終更新日:2014/08/08 Column, ライフハック, 大人の一品

JAZZのススメ

stockfoto_15583544_U1ZDBhmCsBPjAD16N3SkY3pUGM6xiZ53

中年のおっさんがソファに座ってブランデー飲みながら聴く音楽?

って、言わしめたのは映画「スウィングガールズ」。

確かに、10代の若者がJAZZを聴いてます、なんて聞くと「えっ!」思っちゃいますが(笑)

実はボクなんかは10代の頃から聴いていた口ですが、当時JAZZの意味なんか全くわからず、ただ「カッコイイ」っていう不純な?動機から聴いていたものです。

ただ、人生半世紀も生きてくると、クラシックやJAZZが結構いいって思えてくるのが不思議です。

という訳で、きょうは「JAZZを聴くと人生が変わってしまう5つの効用」です。

  1. 音楽としての賞味期間が長い
  2. JAZZを聴いてますって言うだけで大人にみられる
  3. 夜にJAZZを流していても邪魔にならない
  4. 価値観の気づき
  5. 女性にもてる(笑)

 

1.音楽としての賞味期間が長い

ボクも若い頃は、松田聖子(敬称略)や中森明菜のレコードを買ってました(カミングアウト)、でもあるとき「ボクは40歳になっても今の音楽を聴いているだろうか?」と考えた時に買うジャンルを替えました。

もちろん今でも聖子ちゃんの歌を聴く事はあります、年に1回「懐メロナイト」と称して一晩中聴きまくる!なんて事を・・・。

JAZZやクラシックは、発売されてから100年以上たっているもの多く、自分の人生以上の経歴があるって事は、世界基準で未だに聴かれ続けているって事ですよ。

 

2.JAZZを聴いてますって言うだけで大人にみられる

これは見栄になっちゃいますが、世の中J-POPだけじゃない人がたくさんいます。

社会へ出て、自分の視野を広げようとすると、いろんな人と接することが不可欠になってきます。

音楽や本や映画(文化的な)は会話を盛り上げるツールとしての共通言語として使う事ができます。つまり会話の枠が広げ新しい外の世界へのパスポート役を担ってくれます。

そういった場所で、クラシックよりJAZZの方が男性としては向くはずです。

 

3.夜にJAZZを流していても邪魔にならない

JAZZは決して敷居の高い音楽ではなくて、TVのCMやカフェで日常的に流れています。

以前、STARBUCKSでは店内音楽はJAZZが多かったのは、店内で会話をしても一人で本を読んでいても邪魔にならなかたったのでは?

夜JAZZを流していると、夫婦の会話の邪魔にならず、一人でコーヒー(もちろんお酒ならなおOK!)を飲んでいても、その場の空気をそこないません。

 

4.価値観の気づき

1枚のCDを買って¥3000−、アーチストの新譜サイクルを1年として、約1年聴いたとして¥3000-/1年としましょう。

同じように1枚のJAZZを買って残りの人生30年聴いたと場合、¥3000−/30年とでは時間(継続的)価値はいかかでしょう?

これはJAZZのCDの話だけでなく、自分が購入する商品の比較基準に対する気づきです。

¥5000-の革靴を半年で履きつぶすのと、¥20000-の靴を2年で履きつぶす場合どちらが価値があるか?という命題です。

どちらが良くて、どちらが悪いという解答ではないですが、あなたならどちらを選択しますか?

5.女性にもてる(笑)

すいません蛇足です。

以前我が家に遊びに来た女性に、JAZZを聴かせたことがあったのですが、ボクが素敵な男性に見えたそうです。いまはどう思っているかはわかりませんが(笑)

 

19

まとめ

先日AKBの総選挙の模様をテレビで初めてみました。ボクはAKBはおろか、ももクロ?や最近のJ-POPシンガーをほとんど聴きませんが、この時の彼女たちが何万人もの観客を前で、実の堂々とスピーチしたのには驚きましたね。

アイドルなんてバカにしてた訳でじゃないけど、あの度胸に正直感服したしだい。

彼女たちのヒット曲(ボクは「なんとかフォーチュンクッキー」しか知りませんが)が未来永劫少なくとも残り人生のなかで、何回聴く機会があるだろうか?

もちろん、今の時代の若者が今の時代の音楽を満喫しておくことは未来で、「あの時代」にかえるパスポートになってくれるはずです。
今の音楽に、ちょっとだけ古典的な音楽を加えてみると、人生の深みが生まれてきます。

そういった普遍的な音楽・古典というものは、時代に風潮や流行に流されないモノを持ち合わせています。

ボクも時代や流行に流されない、ブレない大人になりたいと思ってきょうもJAZZを聴いています。

追記

読者の方から、私も10代の頃からJAZZを聴いていますというコメントをいただきました。

やはり、若いから古典的音楽(広い意味のでクラシック)を聴いておくことは、広い感受性を生むものだと実感いたしました。

いまの音楽を否定する事はなく、聴く広がりを若い人に、そしてすべて人に「たしなみ」として、楽しんでいただければ幸いです。

 

関連記事

Widowsが固まる、かくれた暗号? (コラム)

Widowsも現在は8.1になってずいぶんとUI(ユーザーインターフェイス)もかわりました。

記事を読む

LAMY safari 初心者にオススメしたい5つの理由

LAMY Safari はドイツブランドの万年筆。 モンブランやパーカー・ペリカンなど万年筆は敷居が

記事を読む

mont-bell トレッキングアンブレラ 超軽〜い傘は山だけで使うにはもったいない[旅]

モンベル トレッキングアンブレラ U.L.トレッキングアンブレラ[/caption] 日本

記事を読む

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ〜钢笔墨水〜[文具]

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ いきなりで恐縮だが、万年筆インクも増え

記事を読む

Pelikan Twist この価格ってありですか?大人の万年筆

Pelika Twist ずばり!¥1200ー(本体価格)の万年筆ってどうよ? いま

記事を読む

新社会人・新入学生にオススメ!新生活はスターバックスドリンクチケットでスタート![カフェ]

スターバックスカードでドリンクチケットプレゼント この春から、新しく社会人・大学生になったみな

記事を読む

かっこいいオトナはジャズが好き!#大人の音楽

かっこいいオトナはジャズが好き! なんて、大きな事を云っちゃいましたが、そうありたいと

記事を読む

9月23日は万年筆の日 万年筆で書こう!

万年筆の日 西暦1809年9月23日 イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュ

記事を読む

SIMフリーに初心者が手を出してはいけない14の理由[ガジェット]

SIMフリー初心者が手を出してはいけない理由 まえがき 実はこの11月にsoftbank

記事を読む

ミニマリストで行こう!A4シート1枚1週間管理術[ライフハック]

ミニマリストA4シートで一週間管理術 きょうの予定を鞄から手帳を取り出して、お目当てのページを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブラン

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいる

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳とい

ナガサワ文具センターパピオス明石店装いも新たにオープン!注目は神戸インク物語限定カラー!?[文具]

ナガサワ文具センターパピオス明石店に登場!限定インクはコスモスブルー1

mt グランマルシェ阪急うめだ本店で開催!今年はマステ10周年!![和紙膠帶][文具]

マスキングテープ10thは大阪阪急うめだ本店からスタート! カモ

→もっと見る

PAGE TOP ↑