*

ポケットの中に入て持ち歩きたい万年筆KAWECO ACSports[文具]

公開日: : 最終更新日:2023/12/15 万年筆, 大人の一品

携帯性に優れたポケットの中に入る万年筆KAWECO ACSports

Kawecoって?

 万年筆には詳しくないけれどモンブランやパーカーなら知っているという人たちにとってKawecoは筆記具メーカーと結びつかないブランドといってもいいかもしれません。
でも、もしご存知なら堂々と胸を張って「文具が好き」と名乗って欲しい、そんなブランドがKawecoです。

ドイツ生まれの個性派ブランド

 Kaweco(かう゛ぇこ)は1883年ドイツのハイデルベルクという年間100万人以上の観光客を訪れる美しい古城の街で生まれました。
少し読みにくいブランド名は、ハインリッヒ・コッホ(Koch)とルドルフ・ウェバー(Weber)のふたりの創業者の名前からKawecoと名付けれたという逸話が今に伝わります。
Kawecoというブランドを世界に知らしめたのは、1972年のドイツ・ミュンヘンオリンピック開催の際の公式ペンに認定されて、一躍名をとどろかせたのですが、1976年に一度幕を下ろす事になります。
しかし、1995年同じドイツのグッドパレット社の手によってふたたびKawecoのブランドが復活、独特のシルエットに機能性と携帯性を兼ね備えたペンが復活しました。

Kaweco ACSportの魅力

 今回紹介する、KawecoのACSport(えーしーすぽーつ)はアルミ素材から削り出しカーボンファイバーとを組み合わせた万年筆です、手のひらの中に収まる筐体に触れると、まるでスポーツカーのハンドルを握るようなワクワク感が指先から伝わってきます。
スタイリッシュで洗練されたデザインは、他の万年筆より個性的で誰にも似ていない唯一無二の筆記具と言えます。

ポケットの中の万年筆

ジーンズのポケットにキーホルダーや小銭入れのように無造作に入れて持ち歩く、高級筆記具のイメージがある万年筆とは結びつかない印象がありますが、ACSportにはこんなジェームズディーンの映画を思わせるスタイルもまたよく似合います。
疾走するスポーツカーのイメージを持ちながら、パリダカ(ダカール・ラリー)を走る4WDのようなアグレッシブさを備えたスタイルはまさにハイブリッドな万年筆と呼ぶにふさわしい1本です。

わずか105mmのコンパクトな万年筆


 ペン先を収納した状態ではわずか105mmの長さで、胸ポットよりもジーンズのポケットの方がよく似合うコンパクトなサイズですが、筆記の際キャップを外して尻軸につなげると全長130mmと一般的な筆記具に近い書きやすい長さになります。
重心はやや後方に下がりますが、親指と人差し指の間で支える時の重量感に万年筆らしい高級筆記具感が伝わってきます。

コンバータを使えば市販されている万年筆インクが使えます

コンバーター


 ACSportはヨーロッパタイプの小さなカートリッジに対応していますが、このサイズにあわせた専用コンバーター(別売)も販売されています。
このコンバーターを使えば、専用カートリッジに縛られることなく、市場に流通している約2000種類以上ともいわれる数の万年筆インクの中から、お好みのインクを使ってACSportを楽しめます。

別売ケースでさらに楽しく

「ボールペンとセットで持ち運べる専用ペンケース」


Kawecoスポーツシリーズが2本収納できる専用ケース(別売)を使うと万年筆と一緒に同じスポーツシリーズのボールペンやシャープペンシルと一緒に携帯することができます。
スマートフォンにポケットサイズの手帳やメモ、それにこのペンセットをジーンズのポケットに入れていけば、必要最小限の荷物でちょっとしたお出かけが可能になります。

チャーム付き


ケースにはKawecoのエンブレムが描かれてたチャームが付いていて、さりげないオシャレな雰囲気を演出しています。

ジーンズのように経年変化を楽しむ


 経年変化を楽しむアイテムといえば、革製品を思い浮かべる人が多いかと思いますが、じつは万年筆もまた、使い込むほどに味わいを増す、経年変化を楽しめる筆記具です。
代表的なものではブライヤー製(喫煙具のパイプなどに使用されている)の万年筆で、初めは白みがかった軸が段々と光沢のあるブラウンへ変化していきます。
KawecoのACスポーツはブライヤーとは異なりますが、本体の塗装がこすれて地の色が表面に現れてくる変化も楽しめるタイプの万年筆だといえます、KawecoのラインナップALsport(あるすぽーつ)はスポーツシリーズの中で唯一ストーンウォッシュモデルあり、履き親しんだジーンズのような風格のある状態で販売されていて、こちらも人気のアイテムです。
革製品の愛好家の方なら、経年変化の過程は自分の手で育てたいと思うはず、ACSportはそんな変化を楽しながら人生を共有することができる万年筆といえるでしょう。

Kaweco ACSport 万年筆

ペン先 スチールペン先 M
カラー レッド/シルバー/ブラック
本分の写真はレッド

Kaweco ACSport ボールペン

Kaweco Sport用ケース


関連記事

 呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性[文具]

呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性 2019年12月東京で開催された

記事を読む

SONY デジカメRX100M3ってどんなカメラ?

SONYコンパクトデジタルカメラ RX100M3 RX100M3[/caption] 2

記事を読む

iPhone6Plusをぶっとばせ!?

iPhone6Plusをぶっとばせ!〜それでもボクはiPhone6Plusがほしい!〜 実

記事を読む

ナガサワ文具センターDENの新定番オリジナル万年筆「シルエット」[編集後記]

ナガサワ文具センター新定番万年筆「シルエット」  現在、神戸に本店を構える創業141年を迎える

記事を読む

いまだから買っておきたいパイロットコーポレーションのカスタム74[コラム]

いまだから買っておきたいパイロットコーポレーションのカスタム74  1992年に発売になった株

記事を読む

ノートと一体化できるノック式ボールペンPitanが登場[文具]

ノートとペンを一体化!ゼブラのPitan 筆記具の大手メーカーゼブラ株式会社(本社東京都新宿区

記事を読む

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

ハリマウス? #大人文具

ハリマウス?という文具がある。 針マウス?って、ホッチキスかなにかと、おもったらいわゆ

記事を読む

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイツの大手筆記具メーカーLAMY

記事を読む

お店で買えない?ラムネ菓子「レインボーラムネ」イコマ製菓本舗

奈良の絶品レインボーラムネ! 2016年度の申し込み情報 平成28年 3月28日(月

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ペリカンの低価格万年筆、ペリカンTWIST魅力再発見![文具]

ペリカンから発売されているリーズナブルな万年筆、ペリカンTWIST魅力

創業100年を越える老舗文具店・弘前市の平山萬年堂〜全国文具店紀行〜[レポート]

創業100年を越える老舗文具店・弘前市の平山萬年堂〜全国文具店紀行〜堂

さらにスリムなったゼブラのサラサクリップ3Cボールペン[文具]

さらにスリムなったゼブラのサラサクリップ3Cボールペン  西暦2

3にまつわる文房具[コラム]

3にまつわる文房具 「3」という数字は生活の中でもよく使われる「言葉

いまだから買っておきたいパイロットコーポレーションのカスタム74[コラム]

いまだから買っておきたいパイロットコーポレーションのカスタム74

→もっと見る

PAGE TOP ↑