*

高速夜行バスを快適にすごす3つのアイテム。

高速夜行バスを快適にすごす3つのアイテム。

最近プライベートに仕事にと新幹線より利用頻度が多い高速夜行バス。

新幹線より安いという事よりも、翌朝1番から行動できる事が一番の魅力です。

最近は、高速バスもより快適に過ごせるようにバス会社もサービス向上に努めています。

以前は4人がけで、狭くて窮屈で隣のオヤジがむさ苦しい(今は他人の事をとやかく言えませんが)の当たり前でした。

ところが今では、シートはリクライニングで3人がけ、隣とのスペースも確保されカーテンでしきる事もできて、トイレ付きも当たり前になりました。

そこで今日は、快適になった高速夜行バスをさらに、快適にすごせるアイテムを紹介します。

  1. USB/ACアダプター
  2. Kindle/WhitePaper
  3. BOSE/Quiet Comfort20

これであなたの夜行バスライフ?は快適間違いなし!

1.USB/ACアダプター

車内備え付けコンセント

車内備え付けコンセント

3人がけの車内では窓際の下、中央座席の場合はアームレスト(肘掛け)の下あたりの設置されています。

IMG_7470

 

と使い方は、一般の家庭用コンセントと同じです。

バス会社(車両)によっては、軽くコンセントにさして時計回りに90℃回転させて差し込むタイプもあります。

ここで、一つ注意点!ワタシが失敗した例ですが、家電量販店で販売されているコンセント部分が折り畳めてコンパクトになるタイプ。

持ち運びに便利でワタシも普段は持ち歩いていますが、コンセント部分が可動式なために、若干耐久性が固定タイプより弱くなっています。

膝に注意!

膝に注意!

 

こんな感じなので、寝返りうったりしたときに、膝がACアダプターに当たってしまう事があります。

これでワタシは、ACアダプターのコンセント端子を折ってしまいました。

それから、バスや新幹線など移動車両での充電には、Appleの純正ACアダプターを持ち歩くようにしています。

さらに、ケーブルも1〜1.5mタイプがオススメ!車内で携帯電話など充電したい機器を置くところが確保しづらい事があります。

最終的には背もたれのポケットになりますが、コード長さもそれなりに必要になりますので、快適を求める際はご注意ください。

 

2.Kindle/WhitePaper

Kindle/WhitePaper

Kindle/WhitePaper

夜行バスでは消灯時間があって、普通の文庫や雑誌は読みにくくなります。

手元ライトはありますが、消灯後は気がねしてしまいます(気の弱いボク)

その点、KindleのWhitePaperなら直接光りを放つ訳ではないので周りに気を使わずに読書できます。(反射光を文字を浮かび上げる方式)

以前、読み始めて気がついたら目的地についていた!なんてことも(笑)(一晩中本を読んでいました)

ただし、カラーディスプレイはそのまま光を放つので、まわりがけっこう明るくなる上に、長時間の読書は目が疲れます。

一晩中カラーディスプレイのタブレットで本を読んでしまうと、ムスカ大佐のように「め目が!、目が!」なんてことになってしまいます。

*ムスカ大佐:ジブリ「天空の城ラピュタ」で寺田農さんが声を担当した、敵ボスの最期の有名な台詞

 

3.BOSE/Quiet Comfort20

BOSE/Quiet Comfort20

BOSE/Quiet Comfort20

ボクは以前、BOSEのQuietComfort15というオーバータイプ(頭からかぶるタイプのヘッドホン)を使っていました。

飛行機に乗るときは必ずもっていって、少しでも静かな空間を確保するようにしていました。

また、日常の通勤通学で乗る電車やバス、何気なく乗っていると気づかないノイズがコレを利用すると、驚くほどのノイズの中に自分がいる事にきがつきます。

さらに、まわりのノイズのせいで音楽が聞き取りにくいと、ついつい音量を上げてしまいがちになりますが、これなら適量の音量で音楽を楽しむことができます。

これって音楽を聴くためのツールなんですけど、集中したい時とか、静かな環境が欲しい時などにも使えるヘッドホンです。

今回のような夜行バスに乗車する際は、あると便利な・・・いやー絶対あった方がいいアイテムです。

 

まとめ

自分がもとめる環境はひとそれぞれですが、周りに迷惑をかけてしまうと台無しです。

今回紹介したアイテムも、そういったまわりへの配慮ができるツールなので、大人のたしなみとして使うのもカッコ良いのでは?

 

今回イチオシのアイテム

BOSE QuietComfort20

型番の20iはiPhone対応版 20は他社の音楽プレイヤーにつかえます。
20iは端子の規格の関係で他社プレイヤーで使えないケースもあるのでご注意ください。


 

 


関連記事

観光列車ろくもんで行く軽井沢ー長野のゆったり列車旅のススメ![旅]

観光列車ろくもんで行くゆったり列車旅のススメ! 2014年から季節運行している、しなの鉄道の人

記事を読む

万年筆の日 万年筆との出会い方・旅行編[文具]

万年筆の日 旅と万年筆 9月23日は万年筆の日   西暦1809年9月23日、イ

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・基本編[旅]

小豆島の遊び方 瀬戸内海国立公園に浮かぶ香川県小豆島は面積約95.63平方km(東京ド

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・食べる編[旅]

おいしい小豆島の食べ方 小豆島はうどん県・讃岐うどん 忘れてはいけません、小豆島は香川県です。 香川

記事を読む

上田 刀屋でオススメしたい真田そば[旅]

上田 刀屋でオススメしたい真田そば 2017年長野県上田市はNHK大河ドラマ「真田丸」人気

記事を読む

とにかく小型のカメラリュック VANGUARD 2Go46で撮影機動力をアップする[旅]

小型のカメラリュック VANGUARD 2Go46 VANGUARD 2Go46[/captio

記事を読む

見せてもらおうか、SIMカード付き雑誌の性能とやらを(笑)「デジモノステーション」SIMCARD付き雑誌[書評]

デジモノステーション1月増刊号「SIM PERFECT BOOK」 出版業界でも初とな

記事を読む

はじめての台湾〜士林観光夜市!謎を巡るグルメ旅〜[台湾]

士林観光夜市!謎を巡るグルメ旅 士林(しぃりん) 士林は台湾を代表する夜市(ナイトマーケット

記事を読む

プレミアムドリーム号でプレミアムな一夜を。[旅]

プレミアムドリーム号 JRが運行する、高速夜行バス「プレミアムドリーム号」 一晩バスの中

記事を読む

はじめての台湾〜そうだ台灣へいこう![旅]

はじめての台湾 台北車站[/caption] 今年2014年1月から11月までに、日本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

近鉄電車の新しい観光特急あをによし乗車記[旅]

観光特急「あをによし」で大阪・奈良・京都を駆け抜ける三都物語な列車旅

奈良へきたならカレーの田川2022年改装オープン編[奈良]

奈良へきたならカレーの田川・2022年3月リニューアルオープン

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

サライの檸檬万年筆と梶井基次郎[文具]

雑誌サライ付録の檸檬万年筆と梶井基次郎 月刊雑誌「サライ(小

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑