*

旅とカメラ カメラバッグの選びかた バックパック編 [旅]

モンベル フレンチガイドパックのススメ

前回はシュルダーバッグを紹介しました。
1泊2日程度で、着替えなどの荷物を最小限にまとめることができれば、バッグひとつで快適な旅撮影が楽しめます。

とはいえ、2泊以上や女性など身の回りの必需品が多くなれば、やはり背中で背負えるタイプのバックパックが便利になります。
そこで、オススメしたいのは下記のスタイル

基本スタイル

バックパック+小型バッグ

フレンチガイドパック25

今回のケースを例に挙げれば、mont-bellフレンンチガイドパックと小型バッグ(サブバッグ)の組み合わせ。

フレンチガイドパック

フレンチガイドパック

入れるもの

  • 着替え
  • 洗面具モジュール(洗顔・入浴セット)
  • ラップトップPC
  • デジタル一眼レフカメラ

フレンチガイドパック25は文字通り容量が25リットルあり、2泊3日分の着替えや上記アイテムをはじめACアダプターやケーブルなどもばっちり収納できます。

小型ショルダーバッグ

機動性に優れて持ち歩きしやすく、自分に必要な最小限のツールが入るサイズならなんでもOK。

信三郎帆布ショルダーバッグ

信三郎帆布ショルダーバッグ

写真のモデルは10年以上前の一澤帆布時代の一品
一眼レフカメラ以外の身の回りの小道具

  • 手帳・メモ
  • 筆記用具
  • 携帯電話・スマートフォン
  • タブレットPC
  • 文庫本
  • 水筒
  • コンパクトデジタルカメラ
  • エチケット用品など

日常性の高いものを入れておくのがいいでしょう。

一眼レフカメラは必要なときにバックパックから取り出し、撮影中は常に持ち歩き、移動の際にバックパックにしまうことで、機動性を維持できるはずです。

カメラを安全にバックパックにしまう方法

カメラ専用バッグでない、普通のバックパックにカメラを剥き出しでしまうのには誰でも抵抗がありますよね。
そこでカメラカバーを利用して安心・安全に持ち歩きましょう。

ガッチリカメラケース

一眼レフ専用カメラカバー

一眼レフ専用カメラカバー


クッションガードが効いたケースです。多少かさばるのが難点ですが、専用バックパックでないリュックや登山用のリュックには確実な方法。
一眼レフカメラにジャストフィット

一眼レフカメラにジャストフィット


このカメラケースにはショルダーベルトがついているので、このまま持ち歩いてもOKです。

簡易型カバー

フリース生地のポーチ型カバー
DSC09260

カメラを包み込みます。

すっぽり

すっぽり

口を縛って
DSC09262

このままバックパック(リュック)へしまいます。
DSC09264

安心面ではガッチリカメラケースに劣りますが、フレンンチガイドパックには背中クッションがあるので、無茶しなければ大丈夫です。

背中クッション

背中クッション

機能

ポケットは二つ

上部ふたのポケット

上部ふたのポケット


比較的取り出しやすい位置にあるので、サブバッグの次に用途がおおいものをいれておくといいでしょう。
たとえばポケットティッシュやウエットティッシュの予備など。

内側シースルーポケット

内側ポケット

内側ポケット


中身が見えるので自宅の鍵などをいれておくといいでしょう。
荷物の出し入れ時、中身が見え安心です。

ラップトップPCもいれちゃいました(笑)

メーカーは非公認だと思いますが、背中クッションがしっかりしているので、おもわずMacBook Airをいれて旅行したこともあります。

MacBook Air

MacBook Air


もちろん自己責任ですが、できればカバーかケースに包んで持ち歩きたいましょう。
写真は剥き出しの状態で撮影していますが、実際に入れる際にはカバーを併用しました。
(良い子はマネをしないように)

フレンンチガイドパック新型

新型にはサイドファスナーが採用されて、バックパックのひもを解かずに中の荷物を取り出せるようになりました。
IMG_4789
ちょっとした点ですが、便利な改良点です。

まとめ

フレンンチガイドパックは見ての通り、すっきりしたデザインで外側にはいっさいポケットなどはありません。
そのことに不安を覚えるひともいるかもしれませんが・・・はじめはボクもそうでした。
ところが実際に使ってみると、ポケットがないことは、どこに何をいれたのか探す必要がない!ということでした。
そういった小物の類(たぐい)はサブバッグに任せてしまい、フレンンチガイドパックにはせいぜい宿に着いてから必要なものだけをいれておくことで、「探すための時間」の短縮と「見つからない不安」の解消に役立ちます。
本来は旅行用リュックですが、カメラをガードするカバーやケースを併用すれば、十分カメラバッグとして活躍してくれます。
すでに5年ほど使っていますが、トラブルは1度もありませんでした。

フレンンチガイドパック25

少し小さい17ℓモデル

カメララップ
最近包む型カメラポーチが見当たらず、新しく「カメララップ」というものがでているようです。
こちらも参考になれば幸いです。

関連記事

トレ二アートに見る鉄子と文具の素敵な関係[文具][和紙膠帶]

トレ二アートに見る鉄子と文具の素敵な関係 トレ二アート 「TRAINIART」は、TRAINとA

記事を読む

高速夜行バスを快適にすごす3つのアイテム。

高速夜行バスを快適にすごす3つのアイテム。 最近プライベートに仕事にと新幹線より利用頻度が多い

記事を読む

上田 刀屋でオススメしたい真田そば[旅]

上田 刀屋でオススメしたい真田そば 2017年長野県上田市はNHK大河ドラマ「真田丸」人気

記事を読む

RedRock 神戸でがっつり!肉食系男子復権の狼煙をあげろ![旅]

ローストビーフ丼&アメリカンステーキのお店RedRock 関西圏のお住まいの方なら、神戸は

記事を読む

モンベル 新しいマリポサトレールシューズは旅に最適最強シューズ[旅]

mont-bellマリポサトレールシューズで旅に死角なし! 旅にもいろいろあって・・・

記事を読む

ひとつで2役!ネオクリッツに入れておきたい5つの道具

立つペンケース コクヨネオクリッツ 日常持ち歩きの文具モジュールにオススメしたい一品。

記事を読む

京都河原町に丸善書店復活!「檸檬」の本屋が京都へ帰ってきた。[旅]

丸善 京都本店が10年振りに復活 株式会社丸善ジュンク堂書店は京都地区最大級のカフェ併設書

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・基本編[旅]

小豆島の遊び方 瀬戸内海国立公園に浮かぶ香川県小豆島は面積約95.63平方km(東京ド

記事を読む

関西イルミネーション 2013

神戸ルミナリエ 1995年阪神淡路大震災の復興を祈って始まった「神戸ルミナリエ」 「ルミ

記事を読む

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいるのか? 自分が住んでいる街か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブラン

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいる

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳とい

ナガサワ文具センターパピオス明石店装いも新たにオープン!注目は神戸インク物語限定カラー!?[文具]

ナガサワ文具センターパピオス明石店に登場!限定インクはコスモスブルー1

mt グランマルシェ阪急うめだ本店で開催!今年はマステ10周年!![和紙膠帶][文具]

マスキングテープ10thは大阪阪急うめだ本店からスタート! カモ

→もっと見る

PAGE TOP ↑