*

旅とカメラ カメラバッグの選びかた バックパック編 [旅]

モンベル フレンチガイドパックのススメ

前回はシュルダーバッグを紹介しました。
1泊2日程度で、着替えなどの荷物を最小限にまとめることができれば、バッグひとつで快適な旅撮影が楽しめます。

とはいえ、2泊以上や女性など身の回りの必需品が多くなれば、やはり背中で背負えるタイプのバックパックが便利になります。
そこで、オススメしたいのは下記のスタイル

基本スタイル

バックパック+小型バッグ

フレンチガイドパック25

今回のケースを例に挙げれば、mont-bellフレンンチガイドパックと小型バッグ(サブバッグ)の組み合わせ。

フレンチガイドパック

フレンチガイドパック

入れるもの

  • 着替え
  • 洗面具モジュール(洗顔・入浴セット)
  • ラップトップPC
  • デジタル一眼レフカメラ

フレンチガイドパック25は文字通り容量が25リットルあり、2泊3日分の着替えや上記アイテムをはじめACアダプターやケーブルなどもばっちり収納できます。

小型ショルダーバッグ

機動性に優れて持ち歩きしやすく、自分に必要な最小限のツールが入るサイズならなんでもOK。

信三郎帆布ショルダーバッグ

信三郎帆布ショルダーバッグ

写真のモデルは10年以上前の一澤帆布時代の一品
一眼レフカメラ以外の身の回りの小道具

  • 手帳・メモ
  • 筆記用具
  • 携帯電話・スマートフォン
  • タブレットPC
  • 文庫本
  • 水筒
  • コンパクトデジタルカメラ
  • エチケット用品など

日常性の高いものを入れておくのがいいでしょう。

一眼レフカメラは必要なときにバックパックから取り出し、撮影中は常に持ち歩き、移動の際にバックパックにしまうことで、機動性を維持できるはずです。

カメラを安全にバックパックにしまう方法

カメラ専用バッグでない、普通のバックパックにカメラを剥き出しでしまうのには誰でも抵抗がありますよね。
そこでカメラカバーを利用して安心・安全に持ち歩きましょう。

ガッチリカメラケース

一眼レフ専用カメラカバー

一眼レフ専用カメラカバー


クッションガードが効いたケースです。多少かさばるのが難点ですが、専用バックパックでないリュックや登山用のリュックには確実な方法。
一眼レフカメラにジャストフィット

一眼レフカメラにジャストフィット


このカメラケースにはショルダーベルトがついているので、このまま持ち歩いてもOKです。

簡易型カバー

フリース生地のポーチ型カバー
DSC09260

カメラを包み込みます。

すっぽり

すっぽり

口を縛って
DSC09262

このままバックパック(リュック)へしまいます。
DSC09264

安心面ではガッチリカメラケースに劣りますが、フレンンチガイドパックには背中クッションがあるので、無茶しなければ大丈夫です。

背中クッション

背中クッション

機能

ポケットは二つ

上部ふたのポケット

上部ふたのポケット


比較的取り出しやすい位置にあるので、サブバッグの次に用途がおおいものをいれておくといいでしょう。
たとえばポケットティッシュやウエットティッシュの予備など。

内側シースルーポケット

内側ポケット

内側ポケット


中身が見えるので自宅の鍵などをいれておくといいでしょう。
荷物の出し入れ時、中身が見え安心です。

ラップトップPCもいれちゃいました(笑)

メーカーは非公認だと思いますが、背中クッションがしっかりしているので、おもわずMacBook Airをいれて旅行したこともあります。

MacBook Air

MacBook Air


もちろん自己責任ですが、できればカバーかケースに包んで持ち歩きたいましょう。
写真は剥き出しの状態で撮影していますが、実際に入れる際にはカバーを併用しました。
(良い子はマネをしないように)

フレンンチガイドパック新型

新型にはサイドファスナーが採用されて、バックパックのひもを解かずに中の荷物を取り出せるようになりました。
IMG_4789
ちょっとした点ですが、便利な改良点です。

まとめ

フレンンチガイドパックは見ての通り、すっきりしたデザインで外側にはいっさいポケットなどはありません。
そのことに不安を覚えるひともいるかもしれませんが・・・はじめはボクもそうでした。
ところが実際に使ってみると、ポケットがないことは、どこに何をいれたのか探す必要がない!ということでした。
そういった小物の類(たぐい)はサブバッグに任せてしまい、フレンンチガイドパックにはせいぜい宿に着いてから必要なものだけをいれておくことで、「探すための時間」の短縮と「見つからない不安」の解消に役立ちます。
本来は旅行用リュックですが、カメラをガードするカバーやケースを併用すれば、十分カメラバッグとして活躍してくれます。
すでに5年ほど使っていますが、トラブルは1度もありませんでした。

フレンンチガイドパック25

少し小さい17ℓモデル

カメララップ
最近包む型カメラポーチが見当たらず、新しく「カメララップ」というものがでているようです。
こちらも参考になれば幸いです。

関連記事

奈良へきたなら、ならきたカレーの田川。

カレーの田川。 カレーの田川[/caption] 地元では知らない人はいないといわれる「カ

記事を読む

cheero USB AC アダプター、マニュアルにのっていない意外な実用性!

cheero USB AC ADAPTER cheeroからUSB ACアダプターが、2014年

記事を読む

オリジナルインク70色!Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店[文具]

Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店 2016年4月に開業した博多駅前のマルイに万年

記事を読む

らーめん春友流「ようこそ奈良へ」[旅]

らーめん春友流 数年前に横浜を旅行中に何度か足を運んだことがあるラーメン屋さん。 王手チ

記事を読む

観光列車「ろくもん」で行く信濃路

しなの鉄道観光列車「ろくもん」 しなの鉄道「ろくもん」[/caption] 今回の旅行の途

記事を読む

唐戸市場から門司港食べ&歩きの旅[旅]

唐戸市場から門司港食べ歩きの旅 唐戸市場 関門の台所とも呼ばれる下関・唐戸市場は河豚(下関で

記事を読む

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅[旅]

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅 大阪ー九州はJR新幹線の便数も多くて、出張

記事を読む

ブルーボトルコーヒー 清澄白河にオープンした「コーヒー界のApple」ってどんなカフェ?[旅]

ブルーボトルコーヒー アメリカからコーヒーショップのサードウエーブがやってきた! 日本で

記事を読む

大人の湯治 酸ヶ湯温泉編

湯治という言葉を聞いて、ぱっとイメージできる人は、どのくらいいるのかな? 僕の数多い旅仲間でも

記事を読む

Manfrotto 旅につれて行きたいポケット三脚[旅]

Manfrotto ポケット三脚L MP-3BK ひとり旅のときに、ちょっと困るのは自分自

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

恋するサラサ~fall in love~[文具]

恋するサラサ~サラサにFaii in love~ ずっとそばにい

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くん

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブラン

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいる

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳とい

→もっと見る

PAGE TOP ↑