*

台湾で見つけたKEEP A NOTEBOOKはトラベラーズノートと相性ピッタリ![文具]

公開日: : 最終更新日:2017/01/13 トラベラーズノート, 台湾, 手帳

KEEP A NOTEBOOK×TRAVELER’S NOTEBOOK


「KEEP A NOTEBOOK」は2015年に台湾で発売された手帳のブランドです。
2015年の11月に台湾へ訪れた時に見つけたこの手帳は、日本で販売されているトラベラーズノートのリフィルとジャストサイズ!
これは使える!とお試しのつもりで買ってきて、日本のトラベラーズノート仲間に配ったり、略奪(と)られたりで、結局1冊しか手元に残らなかったので、2016年12月にリベンジで向かった台湾で買い直してきました、きょうはその「KEEP A NOTEBOOK」の紹介です。

KEEP A NOTEBOOK

先にお断りしておきますが、このKEEP A NOTEBOOKはまだ正式には日本では発売されていません、例外として2016年春の大阪梅田阪急百貨店の文具催事の際に、一部期間限定で店頭にならんだことある程度です。
現在日本で取り扱っている店舗があるかは不明ですが、私が知る限りではありませんので、先にあやまっておきます「ごめんなさい」(m_m)

ズバリ!特徴

  • トラベラーズノートとの互換性
  • 日本にはない個性的なフォーマット

トラベラーズノートとの互換性

互換性というほど難しいお話ではありません、KEEP A NOTEBOOKのサイズは縦210mm 横110mmと市販されているトラベラーズノートのリフィルと同じです。

トラベラーズノートのリフィルは少し特殊なサイズなので、互換性があるのノートを見たことがありません、それ以前に必要性を感じた事がなかったというのが本音です。
日本では「無地(プレーン)」「横罫(ルールド)」「方眼(セクション・スクエア)」が定番として、いまの季節だとカレンダーなどスケジュールタイプなどもありますが、トラベラーズノートの互換性リフィルとして、KEEP A NOTEBOOKはそれに負けないラインナップが揃っているのが魅了です。

日本にはない個性的なフォーマット

トラベラーズノートはリフィルだけではなく、さまざまなパーツやキットも販売されていますが、リフィルとしては「無地」「横罫」「方眼」のフォーマットで、紙質の異なるリフィルが数点販売されいるくらいで、リフィルのフォーマットの選択は決して多くないのが現状です。

KEEP A NOTEBOOKは2015年の発売時点で9つリフィルがラインナップされていました。

Model1


Weekly/Diary(日週筆記)
日付を自由に書き込んで使えるタイプのスケジュールノート。
64pages 65NTD

Model2


Section(方眼筆記)
日本でもお馴染みの方眼タイプのノートで、奇しくも?トラベラーズノートとKEEP A NOTEBOOKの2番は同じ方眼タイプです。
64Pages 65NTD

Model3


Ruled(横罫筆記)
ノートフォーマットでは基本中の基本、行幅5mmの横罫タイプのモデルです。
64Pages 65NTD

Model4


Ruled+Section(横方筆記)
このラインナップのなかで、ボクが特に気になったリフィルがこのRuled+Section(横方筆記)です。
日本だけでなく、海外ブランドのノートファーマットでも見たことが無い、方眼と横罫が一緒になったタイプです。

方眼と罫線が見開きで見られるフォーマット

左ページが横罫で右ページが方眼と、印刷の手間がかかっているはずなのに、と考えてしまうのはボクだけでしょうか?
64Pages 65NTD

Model5


Plain(空白筆記)
その名前のとおり、無地のノートですが、ページ中央にドットのクロスが入っているのが特徴です。
絵を描く人には便利なフォーマットなのかもしれません。
64Pages 65NTD

Model6


Travel Journal(旅遊筆記・国際版)

旅行用フォーマットのトラベルジャーナルは2種類、Model6は国際版でModel7は台湾版です。
フォーマットの違いはありませんが、はじめのページに世界地図が描かれているのが国際版の特徴です。

32Pages 65NTD

Model7


Travel Journal(旅遊筆記・台湾版)
中のフォーマットは旅行者向けにデザインされています。

そして台湾版の特徴である台湾版には台湾の地図が描かれています。

次の台湾旅行の時は、このTravel Journal(台湾版)で旅してみたい思っています。
32Pages 65NTD

Model8


Project Notebook(専案筆記)
8×8のブロックに分けられたページは、プロジェクト管理向けのフォーマットです。
お堅くビジネスモデルって考えずに、ボクの家内はこのノートを見開きでカレンダーとして使っています。

このフォーマットなら、マンスリーのスケジュール管理にも使えそうですし、あとの余白ページも豊富なので1年を管理するスケジュールノートとして、もちろんビジネスのツールとして、ガントチャートなどにも応用できそうです。
64Pages 65NTD

Model9


Memo(便箋筆記)
このモデルはノートではなくて、メモシートが6種類各4枚のセットになっています。
それぞれ、洗練されたデザインのメモがしっかりしたケースにまとめられています。
24Pcs 110NTD

Model2016年限定版


KEEP A NOTEBOOK 1周年記念で発売された限定版ノート
白と黒はDay and Nightをイメージした無地ノートです。

中にはポケットがついていて、装丁とあわせてこのノート単体でも使えるのが魅力です。
1Pack(2Books) 350NTD

備考:NTD=ニュー台湾ドル 日本円換算では1NTD=4円(2016年12月)

フォーマット見本(パンフレットから)

追記

KEEP A NOTEBOOKのオプション製品にリフィルを数冊まとめて携帯できるノートカバーがあります。
このカバーは日本でも「山本紙業」が取り扱っていて、オンラインからの購入が可能です。
必然、トラベラーズノートでも利用可能なので、興味がある方はこちらのサイトをご覧下さい。
山本紙業オンラインサイトはコチラ

トラベラーズノートユーザには、特にオススメしたいまとめ

KEEP A NOTEBOOKのこのほかの特徴は、オリジナルビニールカバー(別売)や数冊のリフィルを同時に携帯できる紙製の組み立てカバーなど、どれもデザインにこだわったラインナップが魅力の手帳システムです。
しかも価格がリーズナブルなこともあって、文具好きな特にトラベラーズノートユーザーの知人には「ぜったい!喜ばれる」お土産にもなります。
上記でも書いたとおり、残念ながらまだ日本では正規ルートの発売がありませんが、身近な隣国台湾へ行ったときのは、ぜひ探して欲しい一品です。

購入のヒント

ボクが購入したのは、台湾(台北市内)大手書店「金石堂書店」グループで購入しました。

FACEBOOKページ
金石堂書店はコチラ

Amazon トラベラーズノート


関連記事

台湾で見つけた世界でたった1本しかないペン軸[文具]

台湾の見つけた魅力的なペン ハンドメイドな木製ペン軸 先日(2015年11月)台湾へいっ

記事を読む

ムーンプランナーは手帳の常識を覆す新発想のアイデアノート[手帳]

MOON PLANNER(ムーンプランナー) 〜月齢で管理するまったく新しいスタイルの手帳〜

記事を読む

日本手帳大選2015〜台湾手帳総選挙開催!〜[レポ]

日本手帳大選2015〜台湾手帳総選挙開催! 台湾台北市にある金石堂城中店(書店)にて、第2回日本手

記事を読む

モレスキン限定版は使い方に迷ってしまう罪なノートブック [文具]

モレスキン限定版は使い方に迷ってしまう罪なノートブック モレスキンはイタリア・モレスキン社

記事を読む

2017年の手帳にEDiT WEEKLY NOTEBOOKを![手帳]

2017年の手帳選びにオススメな1冊〜MARK'S EDiT WEEKLY NOTEBOOK(A5変

記事を読む

はじめてのジブン手帳 はBizがいい!ジブン手帳Bizのススメ[文具]

2017年の手帳、はじめてのジブン手帳 はBizがいい! 序章~出会い 初めてジブン手帳(オ

記事を読む

ツイストリングノートをペンと一体化!簡単カスタマイズで便利度200%!![文具]

ツイストリングノートはペンと一緒に持ち歩くと!便利度200%UP!! ツイストリングノート

記事を読む

2016年手帳術 自分を知るためのカテゴリー分けのススメ![ノート術]

自分を知るためのカテゴリー分けのススメ! カテゴリー分けされたスケジュールシール[/capt

記事を読む

トラベラーズノート×誠品書店コラボは旅心をくすぐる旅文具[文具]

TRAVELER'S factory と台湾誠品書店の旅のコラボレーション 誠品書店 日本で

記事を読む

2016年手帳のスケジュール管理は自分オリジナルシールで![ノート術]

2016年手帳のスケジュール管理は自分オリジナルシールを作る ありがたいお話で、毎年この季節に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑