*

絵画とインクのハーモニー、Kobe INK物語「ターナーカフェ」

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 KOBE INK 物語, 文具

ターナー展開催!

2014年1月11日から4月6日まで、神戸市立美術館でターナー展が開催される。絵画にあまりくわしくない僕がターナーの名前を知ったのは、山下達郎の楽曲「ターナーの汽罐車」を聞いたとき。

この歌は、ターナーの作品「雨、蒸気、スピード」がモチーフになっていました。

当時どんな絵だったのはまったく知りませんでした。

「雨、蒸気、スピード」

「雨、蒸気、スピード」

 

そのターナーの作品が、この1月に東京を経ていよいよ神戸にやってくる!

残念ながら、「雨、蒸気、スピード」は出展されなかったようだけど(東京展)ターナーの繊細な筆使いはぜひこの目で観てみたい!と観に行く決意を心に秘めています。

そのターナーの絵画をイメージした万年筆インクが、神戸に本店のあるナガサワ文具センターから発売されました。

今回出展されるターナーの絵画「スピットヘッド:ポーツマス港に入る拿捕された二隻のデンマーク船」からブラウンをモチーフにした、オリジナル万年筆インク「KOBE INK物語ターナーカフェ」

ターナーカフェ

ターナーカフェ

ブラウン系の色だけど、あえて「カフェ」とネーミングにしたところにこだわりを感じる。

 

スピットヘッド:ポーツマス港に入る拿捕された二隻のデンマーク船

スピットヘッド:ポーツマス港に入る拿捕された二隻のデンマーク船

定番の、ブルーやブラックもいいですが、こんなインクを使ってみるのも「大人のたしなみ」になるでは?

この冬は、ちょっと大人の装いでジャケットのポケットに万年筆を差して、神戸へ絵画を観る小旅行へ出かけてみるのも悪くないかもしれません。

こちらのインクは、市立博物館内売店・ナガサワ文具センター各店舗・オンラインで購入できます。

限定版の為の、品切れの節はご容赦ください。

神戸市市立博物館 ターナー展

まとめ

今回の「ターナーカフェ」は絵画シリーズは「フェルメールブルー」「ルノワールピンク」につづいて第3弾目。神戸インク物語は、神戸に本店があるナガサワ文具センターのオリジナル商品。パイロットからは色雫シリーズも発売されていて、ここ数年万年筆が見直されている中、インクを楽しむ人たちが増えているようです。高額な万年筆も魅力ですが、国産メーカーでも¥10000−前後でもいい万年筆があります。一本お気に入りを持って、インクで楽しむライフスタイルをおすすめします。


関連記事

SAKURA MOLESKINE 桜モレスキンをつくろう![ノート術]

桜モレスキンをつくろう! 今年も桜の季節がやってきました。 朝の通勤や会社での昼休み

記事を読む

LAMY ダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆[文具]

ラミーダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆 LAMY(ラミー)はドイツらしさが染み渡るペ

記事を読む

新・超薄い名刺入れカードリッジ”dünn”がちょっとカッコ良すぎる!?[文具]

超薄い名刺入れカードリッジ   2014年に発売されたカードリッジAir&

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

年賀状を万年筆で書いてみよう。

今年も年賀状の季節が来ました。 版画やプリントごっこの時代もありましたが、パソコンの普及に伴い

記事を読む

トラベラーズノートミニ10周年記念缶発売!最速レビュー![文具]

TRAVELER'S NOTE ミニ10周年記念缶 トラベラーズノートが発売されてから10

記事を読む

G-FREEで書きごこち新体験[文具]

G-FREE G-FREEはセーラー万年筆が2014年12月に、発売した新体験?ボールペン

記事を読む

ハリマウス? #大人文具

ハリマウス?という文具がある。 針マウス?って、ホッチキスかなにかと、おもったらいわゆ

記事を読む

進撃のジブン手帳~2000年後の君へ~笔记本

ジブン手帳 ジブン手帳2015[/caption] 手帳ブーム!? 書店や文具店、ハンズやLOFT

記事を読む

「モノが少ないと快適に働ける」ではじめるデスクのダイエット本[書評]

モノが少ないと快適に働ける 土橋正著   土橋正さんといえば、文具コンサル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2.0mm芯ホルダーで楽しむ筆記スタイルの世界[文具]

2.0mm芯ホルダーで新しい鉛筆ライフを楽しむ 芯ホルダーという

現代のシステム手帳についての考察[コラム]

21世紀型のシステム手帳について考える システム手帳が登場したの

旅行のお供に必帯!クリアフォルダーを連れていって![旅文具]

旅のお供に心強い味方、リーズナブルだけど最強の旅文具  ボクは、

CARN d’ACHEフィックスペンシルを愛用するユーザーにオススメしたい、2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けるOHTO芯ケース[文具]

2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けたいひとにオススメしたいOHTO2

スマートに持ち歩けるペンケース、PLOTTERメッシュケースSLIM[文具]

PLOTTERメッシュケースSLIMがあればスマートでエレガントな?ペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑