*

大阪梅田発!関大×TSUTAYA×スターバックスが仕掛ける次の戦略[レポ]

公開日: : 最終更新日:2016/10/04 スターバックス, ライフハック, レポート, 書店

関西大学・TSUTAYA・スターバックスの複合店舗が大阪梅田に登場!

img_4864
2016年10月1日
大阪の中心にある繁華街梅田に関西大学の梅田キャンパスが誕生。
学部をもたたない大学キャンパスにTSUTAYA BOOKSTOREとスターバックスコーヒーが店舗として出店しました。

TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE

TSUTAYAとスターバックスの複合はすでに多くのTSUTAYA(蔦屋書店)で展開されていて、大阪梅田地区ではJR大阪駅のルクアイーレ9階に、2015年5月オープンした梅田 蔦屋書店は大型書店とカフェ、さらにコスメやApple製品、旅行窓口など、東京代官山蔦屋書店と並んで新しい情報発信基地としての役目を担っています。
TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISEは梅田 蔦屋書店から徒歩で10分程度の距離で、ほぼ同じ商圏の位置にあります。
同じ商圏に位置しながら、TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISEは売り場面積も小さく、在庫の書籍もとてもこぢんまりとしています。
1階にはお馴染みスターバックスが書籍売り場と併設、2階にはビジネス書の類いと座席しかありません。

ここはなんの為のTSUTAYA書店?

TSUTAYA(蔦屋)は今回初めての試みとして、大学キャンパス内にオープンした店舗で、提供するサービスは小売りというよりも「起業」をキーワードにしたまったく新しい店舗といえます。

売り場

1F LIFE STYLE

「日々の暮らしをもっと丁寧に。もっと心地よいものに。」をテーマに、良質な本と雑貨をセレクトした構成で、本を読みながらコーヒーを楽しめるBOOK&CAFEのフロアです。

1F LIFESTYLE

1F LIFESTYLE

2F WORK STYLE

FREE WifiとラップトップPCが利用できるテーブルを用意。
さまざまなビジネスシーンに合わせてビジネス書と文具・グッズをセレクトした売り場は、学生やビジネスパーソンのための新しいコワーキングスペースとしてサービスを提供するフロアです。
2016年10月1日現在、コワーキングスペースの利用は無料です。

ビジネス向け文具がならんだフロア

ビジネス向け文具がならんだフロア

STARTUP CAEE

2階売り場の奥にこのSTARTUP CAEEがあります。
ここのコーナーでは、学生・社会人を対象とした「起業」相談窓口として、関西大学の学生以外でも利用する事ができます。
大学キャンパスとのコラボレーションは、ここ梅田がはじめてのTSUTAYAですが、福岡市のTSUTAYA BOOKSTORE TENJINでSTARTUP CAFEを展開し、すでに多くの起業家を送り出した実績をもっていました。
TSUTAYA BOOKSTORE TENJINは大学とのコラボレーションではなく、福岡市が主体となって「起業」を目的としたサポートの場としてサービスを提供しています。
TSUTAYA BOOKSTORE TENJIN STARTUP CAFEのサイトはコチラ

STARTUP CAEEでは起業相談に、3人のコーディネーターがあなたの起業のお手伝いをしてくれます。
この背景には、大学を卒業してもなかなか企業への就職が困難な時代(近年は若干改善の向きはありますが)卒業してから自分で会社を起こそうという若者に対して関西大学が、魁(さきがけ)的にこのプロジェクトに力を注いでいるように感じました。

2階奥のスペースではminiセミナーの開催も可能で、これから起業しようとする人にむけた「起業セミナー」などを開催することも可能です。

少人数のセミナーが可能なスペース

少人数のセミナーが可能なスペース


「起業」に興味関心がある方はぜひ一度、相談されてみてはいかがでしょう。

コワーキングスペース

この2階の特徴のひとつにコワーキングスペースとしてのサービスがあります。
長いテーブルにはコンセントを用意して、自身のラップトップパソコンを持ち込んで利用する事が出来るほか、店内には無料のWifiを利用してインターネットサービスも自由に使うことが可能です。

2F WORKSTYLE

2F WORKSTYLE

利用条件

TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISEは関西大学の梅田キャンパス内にあるということから、一般の(つまり関西大学の学生やOBでないという意味)利用者は入店できないのでは?という質問があります。
すでに記したように、梅田関大キャンパスはこの建物のなかに学部や研究室があるわけではなく、外から見ると1・2階にあるTSUTAYA BOOKSTOREとスターバックスの看板しか目に入りません。
なので、TSUTAYA BOOKSTORE&スターバックスの店舗入口も、大学キャンパスの入口とは異なり、いいえむしろ本屋さんとカフェの入口にしか見えません。
一般の利用者がごく普通にTSUTAYAやスターバックスのお店に行くのとまったく同じ感覚で本を読んだり(買ったり)コーヒーを楽しむ事ができるお店なので、どうぞ安心してご利用できます。
ただし、カフェなので、座席について本の閲覧などは、必ずスターバックスでドリンク・フードを購入しての利用が条件になります。

まとめ

TSUTAYA・蔦屋書店は従来型の書店と異なるサービズを次々と展開させています。
佐賀県との図書館・代官山蔦屋書店・二子玉川蔦屋家電など書店のイメージを変革させる事業に力を注いでいます。
今回の「起業」を応援する目的の店舗は、梅田 蔦屋書店書店のような商業的インパクトはありませんが、次の時代(いいえすでに始まっています)若い世代が学校を卒業して、次に進むレールは「就職」という既存の法則を脱して、「卒業」→「起業」という新しい人生のレール(選択肢)を新線として開通したシステムかもしれません。

TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE/START UP CAFE-OSAKA-データ

住所 〒530-0014 大阪市北区鶴野町1番5号
電話 06-6373-7373
FAX 06-6373-7766
営業時間 10:00~23:00(START UP CAFEは21:00まで)
アクセス JR大阪駅 徒歩10分
     阪急梅田駅から徒歩5分

関連記事

見せてもらおうか、SIMカード付き雑誌の性能とやらを(笑)「デジモノステーション」SIMCARD付き雑誌[書評]

デジモノステーション1月増刊号「SIM PERFECT BOOK」 出版業界でも初とな

記事を読む

たまったマスキングテープをすっきり収納、100円均一ショップで見つけた簡単収納術。紙膠帶 [文具]

マスキングテープを簡単すっきり収納。 マスキングテープ マステと聞いて、最近のトレンド文具と感じる

記事を読む

it’s a SONY展はSONYファンの期間限定聖地となる!?[イベント]

it's a SONY展はSONYファンの期間限定聖地となる!? 東京銀座にあるSONYビルは開館

記事を読む

100円均一で作るマスキングテープカッター #おとなの文具

おじさんのためのマスキングテープ活用術 デスクワークをしていると、意外とマスキングテープを使う

記事を読む

神戸異人館スターバックスで小旅行[スタバ]

神戸異人館スターバックス 神戸星巴克 北野異人館店[/caption] スターバックスが全

記事を読む

梅田蔦屋書店 オリジナルインク「蔦葉」は新緑の蔦グリーン[文具]

梅田蔦屋書店オリジナル万年筆インク「蔦葉(つたのは)」 2015年5月8日オープンした、梅田蔦

記事を読む

やめることリストで見えてくる、ひと味ちがう今年のジブン![手帳術]

やめることリストのススメ! 前回の記事で、やることリストではじめるスタートアップノート術のお話しを

記事を読む

京都で楽しむ「夏季限定」川床スターバックスコーヒー[旅]

京都川床のスターバックスコーヒー夏の旅を満喫 夏の風物詩納涼床 京都の夏を代表する風物詩

記事を読む

LAMY safari 初心者にオススメしたい5つの理由

LAMY Safari はドイツブランドの万年筆。 モンブランやパーカー・ペリカンなど万年筆は敷居が

記事を読む

スターバックスコーヒーの楽しみ方〜2015年アップルパイ編〜[カフェ]

スターバックスコーヒーの楽しみ方 アップルパイ 2015年10月1日から発売された秋の季節メ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

恋するサラサ~fall in love~[文具]

恋するサラサ~サラサにFaii in love~ ずっとそばにい

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くん

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブラン

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいる

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳とい

→もっと見る

PAGE TOP ↑